絵葉書文通 / 風景印とスタンプ

ペンパルから届いた郵便局の風景印や名所での記念印を紹介。スタンプで巡る日本一周の旅。

山口県

山口・萩越ケ浜郵便局の風景印

1b3d60b5.jpg山口・萩越ケ浜郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒758-0011 山口県萩市椿東6373−52。図案は、明神池と椿と笠山。明神池は萩市越ケ浜にある大小三つからなる池で、周囲のよう岩の割れ目から海水が出入する塩水湖。笠山と本土との間に砂州ができて陸続きになった時に埋め残されたことによってできたそうです。数種の海魚が生息し、天然水族館として魚類の生態を観察することができます。約25000本もの椿が自生する笠山椿群生林では、毎年2月末から3月末にかけて萩・椿まつりを開催。色鮮やかに咲くヤブツバキを楽しもうと、多くの人が訪れるそうです。笠山は、萩市にある標高112mの活火山。玄武岩大地に直径30m、深さ30mの小噴火口を持つ日本で最も小さな火山として知られます。

山口・岩国郵便局の風景印

3860cc86.jpg山口・岩国郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒740-8799 山口県岩国市麻里布町2−6−8。図案は、日本三奇橋の一つ・錦帯橋と桜の花。錦帯橋は、山口県岩国市の錦川に架橋された日本を代表する木造のアーチ橋。5連のアーチからなり、全長193.3m、幅5m。組木の技術によって造られているのが特徴で、釘は使われずに巻金とかすがいが使われており、力学的にも優れた構造をもつ美しい橋です。下を流れる清流錦川、青々と連なる城山を背景に、春には錦川土手のソメイヨシノやヤエザクラなどを含めおよそ3000本が開花し、桜の名所としても知られています。「日本さくら名所100選」に選定。送っていただいた風景印と切手との組みあわせ画像は、こちらをご覧ください。

山口・「義経が舞う、歴史が動く」関門・義経スタンプ

390c392b.jpg山口・関門義経スタンプです。源平最後の合戦の地である壇之浦。源義経・平知盛両雄は、この地でどのような思いで戦ったのでしょうか。みもすそ川公園(山口県下関市みもすそ川町)は、源平合戦の最後の舞台となった壇ノ浦に面し、国道9号と関門海峡に挟まれたところにあります。この公園には、義経は八艘跳び、知盛は錨を担いだ姿で、両雄が対峙する銅像が設置されています。公園前の海は関門海峡の一番狭まったところで潮流も一番速く、代表的な関門海峡の景色を見ることもできます。また、源平壇之浦合戦の古戦場であるだけでなく、幕末の攘夷戦で外国船に砲撃した砲台跡でもあり、「歴史が動く」と呼ばれるにふさわしい公園といえます。

山口・美東サービスエリアの記念スタンプ

7832fcda.jpg山口・美東サービスエリアの記念スタンプです。美東サービスエリアは、山口県美祢市美東町真名の中国自動車道上にあるサービスエリアです。山口県の中央に位置し、日本最大のカルスト台地で有名な秋吉台を臨むことができるサービスエリアとして知られています。秋吉台の規模は、北東方向に約16km、北西方向に約6kmの広がりを有し、台地上の総面積54平方km、石灰岩の分布(沖積面下の潜在部を含む)総面積93平方km、台地面の標高は180〜420m。大部分が自然公園として国定公園に指定(1955年)され、その中の一部は特別 天然記念物に指定(1964年)されています。

山口・山口湯田郵便局の風景印

zz001山口・山口湯田郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒753-0058 山口県山口市下市町1−1。図案は、湯田温泉、中原中也の詩碑。山口市(旧国周防国)にある湯田温泉は、山陽路唯一の温泉郷。600年の歴史があるという名湯として栄えてきました。その昔、一匹の白狐が夜な夜な湯に浸かって傷を治したという「白狐伝説」の言い伝えがあります。無色透明のなめらかな湯は72℃と高温、湯量も豊富で弱アルカリ性単純温泉。市内には中原中也記念館があり、直筆の原稿や愛用品などが陳列されています。この記念館の建設は、全国公開設計競技による479点の応募の中から選ばれたそうで、中也の生家跡に建てられました。

山口・下関南部町郵便局の風景印

09e5cbc5.jpg山口・下関南部町郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒750-0006 山口県下関市南部町22−8。図案は、ふぐの外枠に、新下関水族館、海峡ゆめタワー、下関南部町局舎、旧秋田商会ビル。下関といえばふぐが有名ですね。日本で水揚げされる天然のふぐ8割近くが集まる一大集積地です。下関に集まったフグはここで売買され、毒を持つ内臓部分などが除去する加工が成され消費地へと運ばれるそうです。

山口・下関郵便局の風景印

a1c7381c.jpg山口・下関郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒750-8799 山口県下関市竹崎町2−12−12。図案は、図案化したふぐの外枠に、関門橋、下関漁港、巌流島。関門橋は、山口県下関市と福岡県北九州市門司区の間の関門海峡を跨ぐ道路橋。また、巌流島といえば宮本武蔵と佐々木小次郎が決闘を行ったところとして知られていますが、関門海峡に浮かぶ無人島です。正式な島の名前は船島といい、住所は「下関市大字彦島字船島」なんだそうです。

山口・下関今浦郵便局の風景印

fcce7174.jpg山口・下関今浦郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒750-0064 山口県下関市今浦町11−16。図案は、下関漁港、河豚。下関漁港は、本州の最西端に位置し、海陸交通の要衝の地として繁栄してきました。全国各地の漁船が利用してきた重要な漁港で、現在特定第三漁港に指定されています。本港は、沖合・沿岸漁業の基地として、分港は主に河豚の水揚げ基地となっています。

山口・下関大平郵便局の風景印

aa16eaed.jpg山口・下関大平郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒750-0053 山口県下関市大平町8−7。図案は、彦島大橋、六連島、河豚凧、平家踊り。彦島大橋は下関と彦島を結ぶ橋で、橋脚と橋脚の間は236メートル、長さは東洋一の710メートルを誇ります。平家踊りは壇ノ浦の戦いに敗れた平家一門の供養の踊りとして始まったそうで、山口県を代表する郷土芸能。市内各地の夏祭りや盆踊りでも行われ、特に「しものせき馬関まつり」総踊りでは、6000人を超える踊り手が会場を埋め尽くすそうです。

山口・下関上新地郵便局の風景印

b6b03e89.jpg山口・下関上新地郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒750-0061 山口県下関市上新地町3−7−10。図案は、「しものせき海峡まつり」のおいらん道中、下関漁港を表す漁船。毎年5月2〜4日に行われるしものせき海峡まつりは、関門海峡を舞台に繰り広げられた史実を基にした、歴史情緒豊かなお祭りです。下関漁港は、本州の最西端に位置し、三方が海に開かれ、海陸交通の要衝の地として繁栄してきました。

山口・下関豊前田郵便局の風景印

0cc00cad.jpg山口・下関豊前田郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒750-0018 山口県下関市豊前田町2−3−10。図案は、高杉晋作像、関釜フェリー。高杉晋作(1839-1867)は明治維新の原動力となった幕末の志士で、日本初の民兵組織・奇兵隊の創設などで知られています。関釜フェリーは、山口県下関市と韓国・釜山市との海路を結ぶ定期フェリーで夜行便を毎日一往復運航しています。日本側運航の「はまゆう」は定員500名。「はまゆう」は下関市花がその名の由来だそうです。

山口・下関入江郵便局の風景印

29eb9fc6.jpg山口・下関入江郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒750-0013 山口県下関市入江町2−2。図案は、海峡ゆめタワー、下関港、巌流島、関門橋の遠景。海峡ゆめタワーは、平成8年7月にオープンした関門海峡のランドマークタワーのこと。シースルーエレベーターで高さ143mの展望室まで上る。関門海峡、巌流島、そして日本海と、360度の雄大な眺望が広がります。夜は美しくライトアップされ、関門海峡周辺(下関市街地・門司港レトロ、関門橋など)の夜景を楽しめるそうです。

山口・下関中之町郵便局の風景印

9726509d.jpg山口・下関中之町郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒750-0004 山口県下関市中之町3−18 。図案は、カラトピア、山陽道の終点を表す道標、関門橋の遠望。カラトピは、下関市にある賃貸ビルで四階には市役所の病院事業部や都市整備部なども入っている。山陽道は西宮を起点に兵庫、明石、姫路、三石、岡山、広島、徳山を経て下関に至る道で宿駅は46あった。関門橋は、山口県下関市と福岡県北九州市門司区の間の関門海峡を跨ぐ道路橋。

山口・道の駅「みとう」の記念スタンプ

9e5c0815.jpg山口・道の駅「みとう」の記念スタンプです。道の駅みとうは山口県美祢市美東町の国道435号沿いにある道の駅。美東町は山口県のほぼ中央に位置し、奈良の大仏の銅が美東から運ばれたということで、「奈良の大仏様の故郷」として知られています。

山口・道の駅「萩しーまーと」の記念スタンプ

674cf9c1.jpg山口・道の駅「萩しーまーと」の記念スタンプです。“萩しーまーと”とは、山口県萩市の主要地方道萩川上線沿いにある道の駅。萩を含む山口県北部の生産者が「新鮮な旬の食材」を提供しようと、平成13年4月にオープした施設です。漁港に隣接していることから、新鮮な魚介類の品揃えが豊富だそうです。

山口・防府局の風景印

44458207.jpg山口県防府市にある防府局の風景印です。図案は防府天満宮。学問の神様、菅原道真公を始め、天穂日命(あめのほひのみこと)、武夷鳥命(たけひなどりのみこと)、野見宿禰(のみのすくね)の四柱をお祀りしており、延喜四年(904年)のご創建をもつ日本で最初の天満宮です。熊本のペンパルより旅先から送っていただきました。(toyama)

山口県・岩国市観光協会の記念スタンプ

2e7a4c90.jpg岩国市観光協会の記念スタンプです。錦帯橋と岩国城の絵が描かれています。スタンプの形が桜の花になっていますが、錦帯橋付近は「桜の名所100選」に選ばれた桜の名所です。4月はじめには3000本の桜(ソメイヨシノ)が錦帯橋や吉香公園で一斉に満開となります。

山口県・清流館 (岩国地域観光物産センター)の記念スタンプ

f7d47a17.jpg錦帯橋と岩国駅を結ぶ路線には電車型レトロ調バスの「いちすけ号」が走っています。そのバスセンターの二階が清流館 (岩国地域観光物産センター)。岩国地域の観光・行事や特産品の情報を展示しています。スタンプの図案には観光名所の、錦帯橋、う飼、岩国城が。

山口・岩国西局の風景印

625703a6.jpg山口県岩国市岩国にある岩国西局の風景印です。図案の錦帯橋(きんたいきょう)は
山口県最大の河川・錦川に架かっている5連の木造橋です。今から約330年前の1673年
(延宝元)第三代岩国藩主吉川広嘉によって創建されました。

山口県・萩局の風景印

ae917269.jpg山口県萩市・萩局の風景印です。図案は、夏ミカン、松下村塾 夏みかんの変形印。
掲載スタンプ数 4337点
5月








都道府県別&テーマ別
記事検索
最新掲載スタンプ 50
日本郵便 新着切手情報
掲載したスタンプについて
toyama◇ここに掲載したスタンプの多くは、私が開設と運営にかかわった絵葉書文通ML(2000/10)や絵葉書文通SNS(2006/7)でお友達になった全国各地の皆さんと、ブログ開設後に応援していただいている皆さんから送っていただいたものです。本当にありがとうございます。「手紙って書くのももらうのも好き」「郵趣って楽しいね」という仲間の輪が少しでも広がることを願いながら、更新を続けています。

◇「風景印交換による文通がしたい」とか、「ブログに掲載されてない風景印をぜひアップしてほしい」という方がいらっしゃいましたら、下のメールフォームからお知らせください。楽しい風景印文通をしながら、私といっしょにスタンプの百科事典をつくっていきませんか。

(運営者・toyama/愛知県在住)

>>メールフォームへ
Yahoo!カテゴリ登録サイト
◇「絵葉書文通/風景印とスタンプ」はYahoo!Japanカテゴリ/趣味とスポーツ>趣味ホビー>コレクション>切手>風景印 に登録されています。

◇ライブドア編集部おすすめブログの「目のつけどころがイイ!オリジナリティ溢れるブログをご紹介」記事(2012.7.6)で紹介していただきました。
絵葉書文通ホームページ
>> 絵葉書文通

文通の持つ魅力と素晴らしさ・郵趣の楽しみを伝える仲間の声。