絵葉書文通 / 風景印とスタンプ

ペンパルから届いた郵便局の風景印や名所での記念印を紹介。スタンプで巡る日本一周の旅。

香川県

香川・津田の松原サービスエリアの記念スタンプ

c5a51dbd.jpg香川・津田の松原サービスエリアの記念スタンプ(上り徳島方面)です。津田の松原サービスエリアは、香川県さぬき市津田町鶴羽の高松自動車道(国道11号高松東道路)上にあるサービスエリア。香川県と徳島県のほぼ中間のところにあり、高台からは瀬戸内海の素晴らしい眺めが楽しめます。津田の松原は、紺碧の海、白い砂浜、緑輝く松林が美しい景勝地。樹齢600年を超える老松をはじめ、根上がりの松等が約1kmにわたって続いています。「日本の渚百選」にも選定。

香川・滝宮郵便局の風景印

6771b2f4.jpg香川・滝宮郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒761-2399 香川県綾歌郡綾川町滝宮1351−24。図案は、念仏踊りと絵馬に描かれたうそ鳥と滝宮大橋。滝宮の念仏踊は、綾川町(旧・綾南町)滝宮に伝わる五穀豊穣と雨乞いを願う踊り。綾川町の11組の踊り組から3組ずつ毎年奉納。5年に1度は全11組が奉納する「総踊り」が行われます。また、3年に1度は丸亀市飯山町より「坂本念仏踊り」が特別奉納も。陣羽織に羽織袴の踊り手が念仏「ナムアミドーヤ」と唱えながら大うちわを振って飛び跳ねます。千年以上に渡って続いている滝宮の念仏踊りは、全国に残る「念仏踊り」のルーツと言われ、1977年に重要無形民俗文化財に指定。

香川・高篠郵便局の風景印

4faea56d.jpg香川・高篠郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒766-0011 香川県仲多度郡まんのう町公文421−6。図案は、四条の大鳥居とツツジ、蛍。風景印のデザインは、満濃池築堤1300周年にちなんで公募したものだそうです。江戸時代、海上交通の守り神である金毘羅参りが盛んに行われるようになり、全国各地から多くの参詣客が訪れるようになりました。参詣道には灯篭や丁石などが設置され、特に利用者が多かった高松街道、丸亀街道、多度津街道、阿波街道、伊予・土佐街道は通称金毘羅五街道と呼ばれるようになりました。高松街道上にある大きな鳥居(まんのう町の香川県道282号)も有名です。

香川・昭和郵便局の風景印

f783451c.jpg香川・昭和郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒761-2101 香川県綾歌郡綾川町畑田684−7。図案は、綾南の親子獅子舞と生子山公園に梅。綾川町は2006年3月に綾南町と綾上町が合併してできた町。のどかな田園地帯が広がりる町ですが、うどん発祥の地としても知られます。親子2体の獅子が競演する全国的にも珍しい「綾南の親子獅子舞」は、親獅子と子獅子の2頭が親愛の情をみせたり、ときには突き放したり、子の成長を喜びなが共に舞います。毎年10月の第1日曜日に春日神社で矢坪獅子組が、第3日曜日には畑田神社で中筋万屋獅子組が奉納します。綾川町と県の無形民俗文化財に指定。

香川・ことひら温泉琴参閣の記念スタンプ

71450183.jpg香川・ことひら温泉琴参閣の記念スタンプです。昔からこんぴらさんの門前町として栄えてきた琴平町。ことひら温泉琴参閣はこんぴらさんのふもとにある温泉施設で、一際大きく目立つ建物です。所在地は、香川県仲多度郡琴平町685−11。アクセスは、JR土讃線琴平駅から徒歩5分。高松自動車道善通寺ICから国道319号、県道208号を琴平市街方面へ7km。

香川・琴平郵便局の風景印

77d83616.jpg香川・琴平郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒766-8799 香川県仲多度郡琴平町665。図案は、金刀比羅宮鞘橋と高灯籠。金刀比羅宮鞘橋は金倉川に架かっている長さ約24m・高さ4.2mの橋で、刀の鞘のような反りがあることからその名がつけられました。もともとは金毘羅参詣の本道に架かる橋でしたが、明治38年に現在地に移設されました。屋根付きの銅茅葺き唐破風造りで、橋げたがないことから浮橋とも。現在は金刀比羅宮御大祭で神輿が通るだけの橋になっているそうです。北神苑内に建つ高燈籠は、1865年に完成した高さ27mの日本一高い灯籠。昔は船人がこんぴらさんを拝む目標灯となっていたそうです。国の重要有形民俗文化財に指定。

香川・金陵の郷の記念スタンプ(2)

aeed91da.jpg香川・金陵の郷の記念スタンプです。金陵の郷は、地元琴平の酒造メーカー・西野金陵が、昔ながらの酒造に使われた酒造道具や酒造りの有様、お酒さまざま、お酒を通じての語らいの場として作った施設。建物は金刀比羅宮の参道に面した旧倉庫を白壁の酒蔵にしたもので、敷地内には樹齢800年という大楠が枝を伸ばす広場があります。四方に枝を広げる堂々とした姿が力強く、地元では多くの人に知られる巨木。スタンプにも建物の中心に大楠が描かれていますね。所在地は、香川県仲多度郡琴平町623。アクセスは、JR琴平駅より徒歩10分。

香川・金陵の郷の記念スタンプ(1)

fbc89e97.jpg香川・金陵の郷の記念スタンプです。金陵の郷は、伝統の酒造りの技と心を伝えるために建てられた資料館。金刀比羅宮の参道口に面したところにあります。資料館は二つに分かれており、「歴史館」では江戸時代の酒造りの工程を当時の酒造具や人形等によって再現しています。また、「文化館」では日本酒の起源や酒にまるわる逸話、全国各地の酒器、オートメーションによる酒造りの模様を放映するシアターなどがあります。建物は、酒造り創業当時(寛政元年(1789年))の白壁の酒蔵をそのまま復元。清酒金陵を生産する酒造会社西野金陵が運営しています。

香川・善通寺郵便局の風景印

30c9e8ce.jpg香川・善通寺郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒765-8799 香川県善通寺市文京町2−9−2。図案は、善通寺仁王門と御影堂に五重塔と五岳山。善通寺は、香川県善通寺市にあるお寺で、平安時代のはじめに真言宗開祖空海の父である佐伯善通が創建、弘法大師の生誕地として知られます。高野山の金剛峯寺、京都の東寺とともに、大師三大霊蹟のひとつ。東院から西院への入口にあるのが仁王門で、門を入ると正面が御影堂。また、五重塔は境内の南東寄り、石造高欄付の基壇上に建っています。五岳山は、総本山善通寺から西方へ香色山、筆ノ山、我拝師山、中山、火上山と、東西へ連なった五つの山の総称。

香川・吉野郵便局の風景印

0e032c36.jpg香川・吉野郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒766-0023 香川県仲多度郡まんのう町吉野1242−6。図案は、満濃池と花梨の実にツツジ。満濃池は、まんのう町にある日本最大の灌漑用のため池で、空海が修築したことでも有名です。その大きさは周囲約20km、貯水量1,540万トンという規模を誇ります。この地方は古くから日照りの害が深刻だったこともあり、現在までに約2万もの溜池がつくられてきたそうです。かりんワイン、かりんジュースなどのかりん製品は、まんのう町の特産品。かりんの木は町の木、ツツジは町の花に指定されています。

香川・榎井郵便局の風景印

enoi香川・榎井郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒766-0004 香川県仲多度郡琴平町榎井85−5。図案は、日柳燕石ゆかりの建物「呑象楼」。日柳燕石は、讃岐国那珂郡子松郷榎井村字旗岡(現・香川県仲多度郡琴平町)出身の江戸時代末期の志士。俠客である一方、詩文に優れ、また長州・土佐の尊攘派を助けて活躍したという異色の人物で、高杉晋作が登場する幕末時代小説には必ず登場してきます。呑象楼は、その燕石が中年後住んでいた木造二階建ての建物ですが、昭和29年にそれまでの興泉寺から榎井小学校北西の地に移転してきました。もともと住職が隠居するために建てられたものですが、さまざまな仕掛けがあることから「からくり屋敷」とも呼ばれたそうです。

香川・善通寺仙遊町郵便局の風景印

37c63ffd.jpg香川・善通寺仙遊町郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒765-0003 香川県善通寺市善通寺町5−8−38。図案は、善通寺金堂、五重塔。善通寺は、善通寺市にあるお寺で平安時代初頭に真言宗開祖空海の父である佐伯善通によって創建されました。善通寺金堂は、入母屋造本瓦葺が特徴で境内中央の基壇上に建っています。五重塔は1884年に再建されたもので、45mの高さは四国最大、全国木造五重塔の中でも三番目の高さを誇ります。

香川・津田の松原サービスエリア(下り)の記念スタンプ

a47e1577.jpg香川・津田の松原サービスエリア(下り)の記念スタンプです。津田の松原サービスエリアは、香川県さぬき市津田町鶴羽にある高松自動車道(国道11号高松東道路)上のサービスエリア。周辺には、図案にある香川県瀬戸内海国立公園「津田の松原・琴林公園」があります。津田の松原は、白砂の浜と黒松林のコントラストが美しい、さぬき市を代表する風雅な景勝地。樹齢600年を超える老松をはじめ、根上がりの松等が約1kmにわたって続いています。また、緩やかな弧を描きながらのびる砂浜は、「日本の渚・百選」にも指定。夏には、ヨットやカヌー、海水浴に多くの人が訪れるそうです。

香川・豊浜サービスエリアの記念スタンプ

015cf640.jpg香川・豊浜サービスエリアの記念スタンプです。豊浜サービスエリアは、香川県観音寺市豊浜町箕浦の高松自動車道上にあるサービスエリア。レストランで海鮮と讃岐うどんを使った料理を美味しく食べながら、美しい瀬戸の島々を眺めることができます。図案の善通寺は、香川県善通寺市にある寺院。真言宗善通寺派の総本山で本尊は薬師如来。広い境内は、東院(金堂、常行堂、五重塔)と西院(御影堂、聖霊殿、護摩堂など)とに分かれ、四季を通じて多くの参拝客が訪れます。

香川・引田郵便局の風景印

3027172e.jpg香川・引田郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒769-2999 香川県東かがわ市引田746。図案は、ソルトレイクADO・安戸池、養殖発祥の地・引田町のハマチ。瀬戸内海に接する海水池の安戸池はハマチ養殖で知られ、世界で初めてハマチの養殖に成功した養殖漁業の発祥の地です。広々とした池の釣り場ではハマチ、スズキ、タイ、カンパチ、ヒラメを放流していて、えさ釣りやルアー釣りが楽しめるそうです。

香川・豊浜サービスエリアの記念スタンプ

993567ce.jpg香川・豊浜サービスエリアの記念スタンプです。豊浜サービスエリアは、香川県観音寺市豊浜町箕浦の高松自動車道上にあるサービスエリア。香川県と愛媛県の県境に位置し、瀬戸の島々を眺めることができます。近くには「こんぴらさん」で有名な金刀比羅宮もあり、製紙で有名な川之江、うちわの産地丸亀と、四国を代表する町があります。このSAは、四国の高速道路の中で唯一、24時間営業のガソリンスタンドがるそうです。

香川・津田の松原サービスエリアの記念スタンプ

fd78c90a.jpg高松道にある「津田の松原サービスエリア」の記念スタンプです。所在地は、香川県さぬき市津田町鶴羽。香川県と徳島県のほぼ中間に位置しており、高台から望む瀬戸内海は絶景といいます。ここには「日本一のSAセルフ・名物さぬきうどん」と看板を掲げる店があって、実にたくさんの人がうどんを買い求めようと並んでいるそうです。

香川・与島パーキングエリアの記念スタンプ

bfb304d3.jpg香川・与島パーキングエリアの記念スタンプです。瀬戸大橋の真ん中にあるパーキングエリア(香川県坂出市与島町の瀬戸中央自動車道上)。図案にあるように、瀬戸大橋から地上へと伸びる長いループを下りると、巨大なパーキングエリアにたどり着きます。スタンプには、瀬戸大橋のマスコットキャラクター「わたる」も描かれています。スタンプは、与島プラザ1階の出口近くにおいてあります。

香川・土庄局の風景印

6a766d95.JPG香川・土庄局の風景印です。局の所在地は、香川県小豆郡土庄町甲289−9。図案は、二十四の瞳・平和の群像とオリーブと余島。小豆島に初めてオリーブがやってきたのは明治41年。当時の農商務省が三重、鹿児島、香川の三県で、アメリカから輸入した苗木を使って試作したのが始まりだそうです。

香川・オリーブの島局の風景印

ad8256dc.JPG香川・オリーブの島局の風景印です。局の所在地は、香川県小豆郡土庄町甲5978−56。図案は、「二十四の瞳」を題材とした平和の群像と特産のオリーブの実と小豆島の玄関・土庄港。「二十四の瞳」は、1952年に、壺井栄が発表した小説。多く映画化、テレビ映画化、テレビドラマ化された。
掲載スタンプ数 4337点
5月








都道府県別&テーマ別
記事検索
最新掲載スタンプ 50
日本郵便 新着切手情報
掲載したスタンプについて
toyama◇ここに掲載したスタンプの多くは、私が開設と運営にかかわった絵葉書文通ML(2000/10)や絵葉書文通SNS(2006/7)でお友達になった全国各地の皆さんと、ブログ開設後に応援していただいている皆さんから送っていただいたものです。本当にありがとうございます。「手紙って書くのももらうのも好き」「郵趣って楽しいね」という仲間の輪が少しでも広がることを願いながら、更新を続けています。

◇「風景印交換による文通がしたい」とか、「ブログに掲載されてない風景印をぜひアップしてほしい」という方がいらっしゃいましたら、下のメールフォームからお知らせください。楽しい風景印文通をしながら、私といっしょにスタンプの百科事典をつくっていきませんか。

(運営者・toyama/愛知県在住)

>>メールフォームへ
Yahoo!カテゴリ登録サイト
◇「絵葉書文通/風景印とスタンプ」はYahoo!Japanカテゴリ/趣味とスポーツ>趣味ホビー>コレクション>切手>風景印 に登録されています。

◇ライブドア編集部おすすめブログの「目のつけどころがイイ!オリジナリティ溢れるブログをご紹介」記事(2012.7.6)で紹介していただきました。
絵葉書文通ホームページ
>> 絵葉書文通

文通の持つ魅力と素晴らしさ・郵趣の楽しみを伝える仲間の声。