絵葉書文通 / 風景印とスタンプ

ペンパルから届いた郵便局の風景印や名所での記念印を紹介。スタンプで巡る日本一周の旅。

青森県

青森・道の駅「なんごう」の記念スタンプ

b457b472.jpg青森・道の駅「なんごう」の記念スタンプです。青森県八戸市の青森県道42号名川階上線上にある道の駅。総合運動公園として知られる南郷区スポーツ施設「カッコーの森エコーランド」の隣にあります。この施設では「南郷サマージャズフェスティバル」をはじめ、さまざまな文化・スポーツイベントを開催。また、レストランでは南郷特産の十割手打ち蕎麦が食べられることから「蕎麦とJAZZの里」との愛称も。ジャズフェスティバルは、毎年夏に国内外の一流奏者が集まることで知られ、昨年(2014年)で開催25周年を迎えました。町興しから始まったこのイベントは、今では日本を代表するジャズイベントになっています。

青森・道の駅「とわだ」の記念スタンプ

6c8ef3de.jpg青森・道の駅「とわだ」の記念スタンプです。青森県十和田市の国道4号上にある道の駅。愛称が「とわだぴあ」とも呼ばれる道の駅で、大型遊具のある公園や水路のある遊歩道なども整備されています。施設内では十和田市近郊で作られた旬の野菜の販売に力を入れており、その種類と量の豊富さは県南地域の中でもトップクラス。また、地元産のハーブ「チコリー」を使った「チコリーコーヒー牛乳プリン」や「チコリーコーヒー生キャラメル」、地元産米を使った「田どころ十和田米パイ」など、オリジナル商品を多数販売。地元で開発した「農アイス」も人気だそうです。

青森・岩崎郵便局の風景印

ea85051c.jpg青森・岩崎郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒038-2299 青森県西津軽郡深浦町岩崎松原61−6。図案は、越口の池、淡水魚、大崩山・白神岳。青森県側の白神山地西部にある十二湖は、神秘的な美しさが魅力で、しかも森林浴の癒し効果が人気の観光スポット。約300年前の地震による山崩れによってできた湖沼群です。その三番目の大きさの池が「越口の池」。池のほとりには案内所である深浦町役場十二湖ビジターセンターや、幻の魚といわれる「イトウ」の養殖所も。「イトウ」は体長が1mから1.5mもある日本最大の淡水魚で、釣り人からの人気も高いそうです。

青森・淋代郵便局の風景印

ad670c31.jpg青森・淋代郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒033-0113 青森県三沢市淋代3−43−10。図案は、林檎の中枠に、淋代海岸から米国ウェナリッチへの太平洋横断無着陸飛行。昭和6年にミス・ビードル号を始め太平洋を飛行機で横断しようと、飛行士たちがこの三沢の地・淋代海岸から飛び立っていきました。淋代の村人達が海岸に2kmにも及ぶ滑走路を作り、これに協力。挑戦した飛行士たちは、村人への感謝の気持ちを込めて、この海岸を「フレンドシップビーチ」、滑走路を「インターナショナルエアポート」と呼んだそうです。昭和56年10月4日、太平洋無着陸横断飛行50周年を契機に、三沢市と米国ウェナッチ市は姉妹都市を締結しました。

青森・三沢駅前郵便局の風景印

8aa21a39.jpg青森・三沢駅前郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒033-0052 青森県三沢市本町2−76。図案は、寺山修司記念館、ミス・ヴィートル号。寺山修司は詩人で劇作家。演劇実験室「天井桟敷」を主宰し、日本の演劇界に大きな影響を与えました。幼い頃を三沢で過ごした彼の作品には、南部三沢の影響が色濃く残っていると言われています。記念館は、母はつ氏より三沢市に寄贈された数々の遺品を保存・公開するために、平成9年7月に開館しました。俳句・短歌・詩・映画・演劇・作詞・エッセイ・写真など、47年という短い生涯にもかかわらず多才な活動を行ってきた業績を紹介しています。

青森・三沢大津郵便局の風景印

88d966fc.jpg青森・三沢大津郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒033-0134 青森県三沢市大津1−272−7。図案は、ミス・ヴィートル号と記念碑。この地は、アメリカ青年ヒューハンドン、クライドバングボーン両氏がミス・ヴィートル号で太平洋横断飛行に成功した記念の地。淋代海岸にあるミス・ヴィートル号記念広場には「太平洋無着陸横断飛行記念之地」と書かれた記念碑と、実物大模型があります。ここから三沢の住民の協力のもと飛び立ち、41時間10分の飛行で無事にワシントン州ウェナッチ市に着陸したことになります。

青森・三沢平畑郵便局の風景印

a0772723.jpg青森・三沢平畑郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒033-0012 青森県三沢市平畑1−2−59。図案は、三沢先人記念館、ミス・ヴィートル号。幕末から明治にかけて、時代の波を駆け抜けた武士・廣澤安任。三沢市先人記念館は日本初民間洋式牧場を開設した元会津藩士・旧斗南藩少参事であった安任をはじめ、地域の発展に尽くした人々を顕彰することを目的として建設された館です。安任は時の人物・大久保利通や松方正義らから国の役人に就くことを勧められたこともありましたが、「野にあって国家に尽くす」と在野の身を貫き、地元で牧畜に生涯を捧げました。ミス・ビードル号は、日本からアメリカ本土までの最初の太平洋無着陸飛行に成功した飛行機。

青森・三沢大町郵便局の風景印

313ed454.jpg青森・三沢大町郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒033-0041 青森県三沢市大町2−3−14。図案は、小川原湖、マテ小屋、ミス・ヴィートル号。小川原湖は、青森県三沢市、上北郡東北町、六ヶ所村にまたがる湖。漁獲量が豊富で、しらうお、わかさぎは全国第一位、しじみ貝は第三位の漁獲高を誇ります。湖の海の出入り口となっている高瀬川には、やなを仕掛け魚を捕獲するマテ漁に使用した小屋が並んでいます。また、小川原湖は野鳥の宝庫としても知られ、三沢側湖岸の仏沼では幻の鳥「オオセッカ」も生息。ミス・ヴィートル号は、三沢・淋代海岸から離陸し、初めて太平洋無着陸横断飛行に成功した飛行機。

青森・三沢郵便局の風景印

4e8f0db4.jpg青森・三沢郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒033-8799 青森県三沢市幸町3−2−15。図案は、太平洋横断のミス・ビードル号、玉代・勝世姫こけし。ミス・ビードル号は、日本からアメリカ本土までの最初の太平洋無着陸飛行に成功した飛行機。1931年10月、二人のパイロットを乗せた飛行機は青森県淋代海岸を離陸し、その41時間後にワシントン州ウェナッチ市に着地しました。JR三沢駅をはじめ、小川原湖、三沢空港で見ることができる大きなこけしは、玉代・勝世姫こけし。父を探して諸国をめぐり、たどり着いた地で姉沼と小川原湖の主になったという「小川原湖伝説」に出てくる二人の姫のこけしだそうです。

青森・道の駅「みさわ」の記念スタンプ

952225ea.jpg青森・道の駅「みさわ」の記念スタンプです。道の駅みさわは、三沢市の青森県道170号天ケ森三沢線上にある道の駅で、愛称は斗南藩記念観光村。レストランや売店だけでなく、約20ヘクタールの広大な敷地内にはオープンフィールドの芝生が広がっています。先人記念館、六十九種草堂、開墾村などの文化施設や、ちびっこ動物園、パターゴルフ、ゴーカート、ポニー乗馬など娯楽施設も。所在地は、青森県三沢市谷地頭4丁目298-652。アクセスは、三沢駅から車で35分、三沢空港から車で25分。

青森・三戸郵便局の風景印

2d8bf845.jpg青森・三戸郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、青森県三戸郡三戸町八日町15−2。図案は、三戸城、それをスケッチしているねこ、三戸林檎の変形印。2010年4月1日から新しくこの風景印に変わりました。イラストは、同町出身の漫画家・故馬場のぼるさんの「11ぴきのねこ」の絵を採用しています。馬場のぼるさんは、手塚治虫さんや福井英一さんとともに「児童漫画界の三羽ガラス」と呼ばれた漫画家・絵本作家。ほのぼのと暖かい画風と深みのあるユーモアのある作品は、幼児から大人まで幅広い人々の人気を集めています。三戸城は青森県三戸郡三戸町梅内にある日本の城郭。馬渕川と熊原川に挟まれた標高130mほどの独立台地にあります。

青森・弘前の記念スタンプ

7c5ddbb0.jpg青森・弘前の記念スタンプです。弘前市には四季を彩る四大祭があります。雪燈籠まつり(2月)、弘前さくらまつり(4月5月)、弘前ねぷたまつり(8月)、そして弘前城菊と紅葉まつり(10月11月)。なかでも、国の重要無形民俗文化財に指定されている弘前ねぷたまつりは、国志や水滸伝などの武者絵を題材とした大小約80台の勇壮華麗なねぷたが、城下町弘前を練り歩く夏まつりです。かけ声と共に、太鼓・笛・鉦で構成されるねぷた囃子は、ねぷたに魂を与え、津軽人の血を奮い立たせます。

青森・弘前の記念スタンプ

692af8c8.jpg青森・弘前の記念スタンプです。弘前市は、青森県西部・津軽地方の中心都市で弘前藩の城下町として発達してきました。りんごの生産量が全国生産の20%・日本一ということで、りんごにこだわる街づくりを目指しています。また、弘前公園で開催される弘前さくらまつりや弘前城も全国的に知られており、「お城とさくらとりんごのまち」というキャッチフレーズはずいぶん古くから使われているそうです。図案左にあるのは、最勝院五重塔。五重塔の少ない東北地方では長い相輪が美しい塔として知られています。

青森・相馬郵便局の風景印

3f6efb85.jpg青森・相馬郵便局の風景印です。風景印の所在地は、〒036-1599 青森県弘前市五所野沢52-3。図案は、福寿草、天文台、北斗七星。天文台とは”星と森のロマントピア”にある天文台「銀河」のこと(40cmカセグレン式反射望遠鏡、ケプラー式屈折望遠鏡、太陽観測装置星)で、ロマンチックな宇宙の雄大なドラマが見られます。

青森・弘前観光記念の記念スタンプ

1dc9540d.jpg青森・弘前観光記念の記念スタンプです。弘前市といえば、りんごとさくらと弘前城で有名な人口約18万5千人の津軽の古都です。春の弘前城ではソメイヨシノを中心に、シダレ桜、八重桜など50品種以上、約2600本もの桜が咲き誇っています。また、弘前市はりんご生産量日本一。市内には、季節ごとにりんごと親しみ、触れ合うために作ったという弘前市りんご公園もあります。

青森・悪戸郵便局の風景印

aauucc018青森・悪戸郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒036-8264 青森県弘前市悪戸鳴瀬123-4。図案は、岩木山、岩木川、りんごの花、りんご。岩木山は青森県弘前市および西津軽郡鰺ヶ沢町に位置する標高1,625mの山。山岳信仰の山として知られ、山頂には岩木山神社奥宮があります。岩木川は、青森県中西部を流れる一級河川で岩木川水系の本流。

青森・悪戸郵便局の風景印

aauucc018青森・悪戸郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒036-8264 青森県弘前市悪戸鳴瀬123-4。図案は、岩木山、岩木川、りんごの花、りんご。岩木山は青森県弘前市および西津軽郡鰺ヶ沢町に位置する標高1,625mの山。山岳信仰の山として知られ、山頂には岩木山神社奥宮があります。岩木川は、青森県中西部を流れる一級河川で岩木川水系の本流。

青森・奥羽本線 弘前駅の記念スタンプ

bed3c2af.jpg青森・奥羽本線 弘前駅の記念スタンプです。弘前駅は青森県弘前市大字表町にあるJR東日本の駅。東北新幹線の開通によって、青森県を訪れる人々が増えると予想されます。弘前駅もきれいに整備され、活気づいているようです。図案は、弘前城とさくら。4月下旬頃になると弘前城内約2600本のソメイヨシノ、シダレザクラなどが咲き始め、毎年4月下旬から5月上旬にかけて「弘前さくらまつり」が開催されています。

青森・青森空港の記念スタンプ

61dfde10.jpg青森・青森空港の記念スタンプです。青森空港は青森市の中心部から南方13km、標高約200mの山腹に位置する本州最北端の空港。青森空港への航空会社はJALしかないそうで、スタンプの図案もJALの飛行機が描かれています。図案にある八甲田山は、青森市の南側にそびえる火山群で日本百名山の一つ。八甲田山の最高峰は、八甲田大岳で標高1,584m。

青森・第28回趣味の切手展の小型印

7edbf1f7.jpg青森・第28回趣味の切手展の小型印です。使用期間は、平成 22年10月16日(土)〜17日(日)。開設場所は、弘前文化センター1階美術室。図案は、りんごの外枠に弘前ねぷたの武者絵。大勢の市民が「ヤーヤドー」の掛け声をあげながら武者絵が描かれた山車を引いて市内を練り歩く弘前ねぷたは、青森県弘前市で開催される夏祭りです。
掲載スタンプ数 4337点
5月








都道府県別&テーマ別
記事検索
最新掲載スタンプ 50
日本郵便 新着切手情報
掲載したスタンプについて
toyama◇ここに掲載したスタンプの多くは、私が開設と運営にかかわった絵葉書文通ML(2000/10)や絵葉書文通SNS(2006/7)でお友達になった全国各地の皆さんと、ブログ開設後に応援していただいている皆さんから送っていただいたものです。本当にありがとうございます。「手紙って書くのももらうのも好き」「郵趣って楽しいね」という仲間の輪が少しでも広がることを願いながら、更新を続けています。

◇「風景印交換による文通がしたい」とか、「ブログに掲載されてない風景印をぜひアップしてほしい」という方がいらっしゃいましたら、下のメールフォームからお知らせください。楽しい風景印文通をしながら、私といっしょにスタンプの百科事典をつくっていきませんか。

(運営者・toyama/愛知県在住)

>>メールフォームへ
Yahoo!カテゴリ登録サイト
◇「絵葉書文通/風景印とスタンプ」はYahoo!Japanカテゴリ/趣味とスポーツ>趣味ホビー>コレクション>切手>風景印 に登録されています。

◇ライブドア編集部おすすめブログの「目のつけどころがイイ!オリジナリティ溢れるブログをご紹介」記事(2012.7.6)で紹介していただきました。
絵葉書文通ホームページ
>> 絵葉書文通

文通の持つ魅力と素晴らしさ・郵趣の楽しみを伝える仲間の声。