絵葉書文通 / 風景印とスタンプ

ペンパルから届いた郵便局の風景印や名所での記念印を紹介。スタンプで巡る日本一周の旅。

山梨県

山梨・身延山郵便局の風景印

3cfdf647.jpg山梨・身延山郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、山梨県南巨摩郡身延町身延3760。図案は、宗紋の枠とその中に祖師堂と奥の院・思親閣の遠望と真骨堂。身延山は山梨県南巨摩郡身延町と早川町の境にある標高1153m山。標高400mのあたりに日蓮宗総本山である身延山久遠寺があり、山頂にも日蓮が父母を偲んで建立したと言われる奥之院思親閣があります。 山頂へはロープウェイがあり、約7分で登れるそうです。手植えのスギと伝わる巨木が林を作り、富士山・駿河湾の眺めも楽しめます。

山梨・塩山郵便局の風景印

75c03935.jpg山梨・塩山郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒404-8799 山梨県甲州市塩山上於曽326。図案は、武田菱の外枠に恵林寺の四脚門、大菩薩峠の介山碑、葡萄、富士山。恵林寺は、山梨県甲州市塩山小屋敷(旧塩山市)にある寺院で、戦国武将・武田信玄が菩提寺と定めた臨済宗妙心寺派の古刹。黒門を入り参道を上がると、柱が太く豪放な造りの通称「赤門」と呼ばれる四脚門があります。桃山期の文化を今に残す寺院建築としては貴重なもので、国の重要文化財に指定。外枠の武田菱は甲斐の武田氏の紋で、菱形四つを菱形に組み合わせたもの。若狭や安芸など、各地の武田氏もこれを使用する家があったそうです。

山梨・甲府中央郵便局の風景印

14c9080e.jpg山梨・甲府中央郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒400-8799 山梨県甲府市太田町6−10。図案は、名産の葡萄と水晶と富士山の遠望。ぶどうの産地として知られる山梨県ですが、県内を見渡したほぼ全ての地域にぶどう畑があります。甲府盆地は夏はとても暑く昼夜の温度差も大きいことや、扇状地で水はけがよいこと、肥沃な土地にも恵まれていることなど、この地に与えられた全ての条件がぶどう栽培に適しているからだそうです。甲府はかつて水晶の発掘地として栄え、その研磨・加工技術が優れていたことから産業として発展したことにあります。今では水晶は採れなくなりましたが、現在でもその宝飾技術は国内だけでなく、国際的にも高く評価されています。

山梨・笹子郵便局の風景印

21d26472.jpg山梨・笹子郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒401-0024 山梨県大月市笹子町吉久保27。図案は、楕円形の外枠に県指定天然記念物・矢立の杉、市花・山百合。江戸から諏訪までの甲州街道のちょうど中間地点にあたる笹子峠。甲州街道最大の難所といわれた笹子峠(標高1096m)頂上の東側斜面に立っている矢立の杉は、樹高約28m、根回り14.8m、幹囲9mの巨樹。その昔、出陣する兵士がこの杉に矢を射立てて冨士浅間神社を祀り、戦勝を祈願したことから「矢立の杉」と呼ばれるようになりました。そばには、歌手の杉良太郎さんが歌う「矢立の杉」の歌碑が建てられているそうです。

山梨・山梨三ヶ所郵便局の風景印

e5ae4b0a.jpg山梨・山梨三ヶ所郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒405-0011 山梨県山梨市三ケ所899−2。図案は、桃の外枠に、国宝・清白寺仏殿、葡萄。清白寺は、足利尊氏が夢窓疎石(国師)を開山とし、正慶2年(1333)に創立したと伝えられる臨済宗の寺院。仏殿はわが国の仏教建築の主な様式のひとつである唐様(禅宗様)建築の代表的遺構として知られ、現存する遺構のうち室町中期までさかのぼるものは極めて少ないことから、禅宗仏殿の古い様式を知ることのできる価値の高いものです。小規模禅宗様仏殿の傑作として、1955年に国宝に指定されました。山梨県は古くから果物の産地で、現在でも特にぶどう、桃、すももは我が国最大の生産量を誇っています。

山梨・オオムラサキセンターの記念スタンプ (2)

1cd36041.jpg山梨・オオムラサキセンターの記念スタンプです。日本昆虫学会は昭和32年に、世界に誇る日本の代表的な格調高い蝶としてオオムラサキを国蝶に決定。全国一の生息地といわれる北杜市長坂町では、その保全活動に取り組んでいます。オオムラサキセンターは、本館・森林科学館・生態観察施設「びばりうむ長坂」という3つの施設があり、一年を通じてオオムラサキの生態を観察することができるとともに、観察会や工作教室などの体験イベントも数多く行っているそうです。また、施設の周囲に約6haのオオムラサキ自然公園があり、里山体験林や自然観察林が広がり、棚田には茅葺小屋や水路、木道を整備。オオムラサキの生息地として重要な「里山」を再生し、自然との共生をめざしたプロジェクト活動もすすめています。

山梨・オオムラサキセンターの記念スタンプ (1)

7cd581c6.jpg山梨・オオムラサキセンターの記念スタンプです。八ヶ岳の麓・北杜市長坂町は、日本の国蝶オオムラサキの日本最大の生息地として有名。6月の下旬にはオオムラサキの羽化が始まって、自然に飛んでいるとても美しいオオムラサキを見ることが出来るそうです。そのオオムラサキを中心とした昆虫館や自然を学べる場所がオオムラサキセンターで、夏は生きているオオムラサキを観察したり、森や池を散策できます。所在地は、山梨県北杜市長坂町富岡2812。アクセスは、中央道長坂ICから約10分。八ヶ岳の溶岩で出来た通称七里岩の上を通る県道17号線沿い、日野春駅の側にあります。

山梨・日野春郵便局の風景印

e1667ea2.jpg山梨・日野春郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒408-8799 山梨県北杜市長坂町富岡82−1。図案は、国蝶・オオムラサキ、八ケ岳連峰。オオムラサキは雑木林を代表するチョウで、世界最大のタテハチョウの一つ。幼虫はエノキの葉を食べ、成虫はおもにクヌギの樹液を吸うそうです。八ヶ岳は、長野県の諏訪地域と佐久地域および山梨県の境にある南北30km余りの山体。雄々しい山々が連なる大迫力の眺望、四季折々に様々な表情を見せてくれる素晴らしい自然、八ヶ岳は日本を代表する人気のアルペンスポットです。

山梨・明野ひまわり郵便局の風景印

a5cf6772.jpg山梨・明野ひまわり郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒408-0204 山梨県北杜市明野町上手5037−1。図案は、ひまわりの外枠に、明野ふるさと太陽館、フラワーセンター。広大なひまわり畑に囲まれた明野ふるさと太陽館は、心と体のリフレッシュが合わせて出来る公営の温泉施設。夏には辺り一面に広がるひまわり畑を散策し、自然を満喫した後、「やすらぎの湯」に浸かって疲れを癒すのが一番。日本一という日照時間に恵まれ、一面に広がるヒマワリ畑が名物の明野地区にある温泉施設です。館内にはトレーニングルームや野外温水プール等もある。その近くにあるフラワーセンターは、欧風の建物を中心にパノラマ花園やバラの回廊、ハーブ園、ロックガーデンなどなどいくつもの整備された庭園です。

山梨・清里郵便局の風景印

b69bcaaa.jpg山梨・清里郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545−405。図案は、八ケ岳に清里高原の風景。清里高原は、山梨県北杜市(旧北巨摩郡高根町)周辺に広がる高原で、八ヶ岳の南麓に広がる観光地として有名です。緩やかで圧倒的な広がりの裾野と、変化に富む富士山・南アルプス等3000メートル級の山々とのコントラストが美しい高原です。キリスト教の宣教師で、清里開拓の父と呼ばれるポール・ラッシュが設立したキープ協会が運営する「清泉寮」や「キープ農場」、工芸家のギャラリーなどがある「萌木の村」などが観光名所となっています。送っていただいた風景印と切手との組みあわせ画像は、こちらをご覧ください。

山梨・山梨郵便局の風景印

3ffe9e76.jpg山梨・山梨郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒405-8799 山梨県山梨市小原西1043。図案は、桃の外枠に、葡萄、笛吹川フルーツ公園。山梨県は古くから果物の産地として、ぶどう、もも、すももなど、わが国最大の生産量を誇っています。笛吹川フルーツ公園は、丘陵地帯に32万平方mにも及ぶ大規模な公園で、果樹園を中心に園内にはアクアアスレチック、フルーツアドベンチャーなどもあります。眼下に広がる甲府盆地の眺めが美しく、晴れた日には富士山も見ることができます。夜になれば、満天の星空と甲府盆地の見事な夜景が堪能でき、日本の三大夜景地にも選ばれた、人気のパノラマ夜景スポット。

山梨・竜王郵便局の風景印

1720e3bc.jpg山梨・竜王郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒400-0199 山梨県甲斐市名取12−1。図案は、慈照寺山門と郷土玩具の竜神招福。 慈照寺は山梨県甲斐市(旧中巨摩郡竜王町)にある寺院。山門は三間一戸楼門で、屋根は入母屋造、柿葺形の銅板葺です。県指定文化財のこの山門は、寛永16年(1639)の建立で、とくに蟇股の彫刻や木鼻、実肘木など細部には桃山時代の古い様式を残し、均衡の整った姿を見せる江戸時代初期の貴重な建築物。山梨県の郷土玩具「龍神招福」は、昭和39年の年賀切手のモデルにもなった木製玩具です。今年の年賀はがきとの組み合わせ画像は、こちらをご覧ください。

山梨・上九一色郵便局の風景印

63b1f800.jpg山梨・上九一色郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒409-3712 山梨県甲府市古関町1364。図案は、本栖湖に富士山と月見草。山梨県側から見る富士山は、山中湖、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖と、見る場所によってさまざまな魅力に遭遇するといいます。中でも図案の本栖湖は、周囲12.6km、水深は富士五湖では最も深い138mもあり、千円札や旧五千円の逆さ富士はこの本栖湖から見たものが描かれています。けなげな月見草の美しさが調和している富士山の雄姿は、太宰治の「富嶽百景」の一節でも紹介されていますが、御坂峠には「富士には月見草がよく似合ふ」と刻まれた碑もあるそうです。送っていただいた風景印と年賀はがきとの組み合わせ画像は、こちらをご覧ください。

山梨・大月郵便局の風景印

1f231a24.jpg山梨・大月郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒401-8799 山梨県大月市御太刀1−13−1。図案は、岩殿山、富士山、市花・百合。岩殿山は標高634mの山。大月市街地からも近く、大月駅からも間近にその姿を眺めることができ、ハイキングコースとしても知られています。岩殿山は大月市が1992年に定めた「秀麗富岳十二景」(大月市内で富士山を望む優れた景観がある場所)の一つで、天気の良い日にはすばらしい富士を見ることができるといいます。その昔、戦国の武将だった小山田氏の居城があったところでもあり、甲斐と相模を結ぶ交通の要衝でした。東国の城郭の中でも屈指の堅固さを持っていたといいます。

山梨・鳥沢郵便局の風景印

6de9038c.jpg山梨・鳥沢郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒409-0502 山梨県大月市富浜町鳥沢395−2。図案は、鮎の中に局名と扇山に桂川の鮎釣り風景。扇山は、山梨県大月市と上野原市の境にある標高1138mの山。南麓から見た山の形が扇の要を上に向けて立てた姿に似ているところからこの山名がつけられたそうです。夏のアユ釣りで有名な桂川は、富士五湖の一つ・山中湖を源流とする変化に富んだ美しい渓流です。アユ釣りは6月初旬に解禁され、毎年7月にはアユ釣り大会も開催されるそうです。送っていただいた風景印と切手との組み合わせ画像は、こちらをご覧ください。

山梨・猿橋郵便局の風景印

8431a42b.jpg山梨・猿橋郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒409-0617 山梨県大月市猿橋町殿上423−5。図案は、日本三奇橋の一つ・猿橋に桂川の絶壁。桂川渓谷は相模川上流の桂川によって浸蝕された渓谷です。猿橋は、山梨県大月市猿橋町猿橋にある桂川に架かる橋で、広重の「甲陽猿橋之図」や十返舎一九の「諸国道中金之草鞋」などにも見ることができます。現在のものは1984年に再架されたもので、高さ31m、幅3.3m、長さ30.9m。奇橋と言われているのは、谷が深いために橋脚を一本も使っていない珍しい肘木けた式橋だからです。送っていただいた風景印と切手との組み合わせ画像は、こちらをご覧ください。

山梨・真木郵便局の風景印

4fe0e32e.jpg山梨・真木郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒401-0016 山梨県大月市大月町真木3583。図案は、雁ヶ腹摺山から望む富士山、市花・ヤマユリ。笹子雁ヶ腹摺山は、山梨県大月市と甲州市(旧東山梨郡大和村)の境にある標高が1357.7mの山。旧500円札に描かれている富士山の絵は、雁ヶ腹摺山から撮影した写真をもとに描かれています。山頂から見る富士山の眺めは秀麗富嶽十二景の一つに選ばれており、西側の甲府盆地や南アルプスの展望もすばらしいそうです。送っていただいた風景印と切手との組み合わせ画像は、こちらをご覧ください。

山梨・笹子郵便局の風景印

4adfecd4.jpg山梨・笹子郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒401-0024 山梨県大月市笹子町吉久保27。図案は、楕円形の外枠に県指定天然記念物・矢立の杉、市花・山百合。矢立の杉は、甲州街道最大の難所といわれた笹子峠(標高1096m)頂上の東側斜面に立っている樹高約28m、根回り14.8m、幹囲9mの巨樹。その昔、武士が出陣するときに、この木に矢を立て武運を祈ったことから「矢立ての杉」と呼ばれるようになりました。そばには、歌手の杉良太郎さんが歌う「矢立の杉」の歌碑もあるそうです。送っていただいた風景印と切手との組み合わせ画像は、こちらをご覧ください。

山梨・秋山郵便局の風景印

1c7c046d.jpg山梨・秋山郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒401-0201 山梨県上野原市秋山11917。図案は、かぶの中に長かぶ。地域の特産品をゆるキャラっぽく図案化しているのがとっても面白いですね。上野原市で栽培された長かぶを丸ごと漬込む「ひなづる漬」がこの地域の特産品なんだそうです。長かぶを塩で下漬けした後に醤油で味付けをして漬込みます。かぶと葉を切り離さないのでそれぞれの味と風味が生かされ、田舎の素朴な漬物として好評だそうです。送っていただいた風景印と切手との組み合わせ画像は、こちらをご覧ください。

山梨・鳴沢郵便局の風景印

f9d1cd14.jpg山梨・鳴沢郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒401-0320 山梨県南都留郡鳴沢村1841−1。図案は、特別天然記念物・溶岩樹型と鳴沢氷穴とシャクナゲの花と富士山の遠望。鳴沢氷穴は、青木ヶ原樹海の東の入口にある富士五湖観光の一つに数えられる人気スポット。その昔、富士山の側火山長尾山の噴火の際、古い寄生火山の間を灼熱に焼けた溶岩流が流れ下ってできたトンネルのような溶岩洞窟です。内部の気温は平均3度と低く、一年中氷におおわれています。溶岩樹型は、火山の噴火で立木が溶岩流に包みこまれ、急速に冷やされた溶岩が木の原形を残して固まったもの。富士山五合目の森林限界付近には、7月中旬から下旬にかけて淡いピンクのシャクナゲの花が咲き誇り、ハイキングする人の目を和ませます。
掲載スタンプ数 4337点
5月








都道府県別&テーマ別
記事検索
最新掲載スタンプ 50
日本郵便 新着切手情報
掲載したスタンプについて
toyama◇ここに掲載したスタンプの多くは、私が開設と運営にかかわった絵葉書文通ML(2000/10)や絵葉書文通SNS(2006/7)でお友達になった全国各地の皆さんと、ブログ開設後に応援していただいている皆さんから送っていただいたものです。本当にありがとうございます。「手紙って書くのももらうのも好き」「郵趣って楽しいね」という仲間の輪が少しでも広がることを願いながら、更新を続けています。

◇「風景印交換による文通がしたい」とか、「ブログに掲載されてない風景印をぜひアップしてほしい」という方がいらっしゃいましたら、下のメールフォームからお知らせください。楽しい風景印文通をしながら、私といっしょにスタンプの百科事典をつくっていきませんか。

(運営者・toyama/愛知県在住)

>>メールフォームへ
Yahoo!カテゴリ登録サイト
◇「絵葉書文通/風景印とスタンプ」はYahoo!Japanカテゴリ/趣味とスポーツ>趣味ホビー>コレクション>切手>風景印 に登録されています。

◇ライブドア編集部おすすめブログの「目のつけどころがイイ!オリジナリティ溢れるブログをご紹介」記事(2012.7.6)で紹介していただきました。
絵葉書文通ホームページ
>> 絵葉書文通

文通の持つ魅力と素晴らしさ・郵趣の楽しみを伝える仲間の声。