絵葉書文通 / 風景印とスタンプ

ペンパルから届いた郵便局の風景印や名所での記念印を紹介。スタンプで巡る日本一周の旅。

茨城県

茨城・大塚郵便局の風景印

45275fc5.jpg茨城・大塚郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒319-1546 茨城県北茨城市磯原町大塚2313。図案は、県指定重要文化財「野口雨情の生家」と彼の詩に因む十五夜の月。「七つの子」「しゃぼん玉」などの童謡や、「磯原節」などの新民謡でも知られる野口雨情。多くの名作を残し、北原白秋、西條八十とともに、童謡界の三大詩人として知られています。雨情は、北茨城市磯原の出身で上京する15才までをこの家で過ごしました。「十五夜お月さん」は雨情の第一童謡集で、初期の童謡71編が収められています。「十五夜お月さん 御機嫌さん 婆やは お暇とりました…」と始まりますが、本居長世の曲がつけられて長く親しまれてきました。送っていただいた風景印と切手との組み合わせ写真は、こちらで紹介します。

茨城・三和郵便局の風景印

43754ac9.jpg茨城・三和郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒306-0199 茨城県古河市仁連1914。図案は、八俣送信所の鉄塔とホオヅキと筑波山。八俣送信所とは、日本放送協会(NHK)の短波による国際放送、NHKワールド・ラジオ日本の送信所のことで、ここから全世界に向けて電波を送信。そのため、古河市内には高さ70mもの紅白の鉄塔がたくさん並んでいる一帯があるそうです。古河市産のほおずきは、園芸農家によって年間約12万鉢を生産しており、夏の風物詩で有名な「浅草ほおずき市」の約80%を占めています。筑波山は、関東地方東部の茨城県つくば市北端にある標高877mの山。美しい姿から「西の富士、東の筑波」と並び称され、特に茨城県西部にある古河市からの眺めが美しいといわれています。

茨城・湊本町郵便局の風景印

2bde6185.jpg茨城・湊本町郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒311-1221 茨城県ひたちなか市湊本町9−1。図案は、中世代白亜紀の地層・白亜層と水戸八景の水戸帰帆の碑。この地方の平磯海岸から磯崎海岸にいたるところでは、東へ30〜40度傾斜したのこぎり歯状の岩礁が連なっており、地層の中からアンモナイトの化石が発見され、中世代白亜紀の地層であることが確認されています。つまり、1億4,400万年前に始まり6,000万年前に終わった白亜紀の地層で、多くのアンモナイト化石が出土したわけです。水戸八景の水戸帰帆の碑には、和歌の「雲のさかいしられぬ沖に真帆上げてみなとの方によするつり舟」が詠まれています。石碑の高さは2.1m、幅1.2m、厚さ0.2mで、真弓山石灰石でできているそうです。

茨城・下館玉戸郵便局の風景印

d47fcf09.jpg茨城・下館玉戸郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒308-0847 茨城県筑西市玉戸山ケ島1878−1。図案は、筑波山、秋桜(コスモス)。筑波山は、つくば市北端にある標高877mの山で、西側の男体山(標高871m)と東側の女体山(標高877m)からなる山です。筑西市の宮山ふるさとふれあい公園でのコスモスは、10月中旬〜11月上旬が見ごろ。毎年10月第3日曜日にはコスモスフェスティバルが開催されるそうです。町を流れる観音川沿い3.2km区間では、ピンクに染まるコスモスのフラワーベルトがすばらしい。

茨城・結城郵便局の風景印

b36109d8.jpg茨城・結城郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒307-8799 茨城県結城市結城7195−2。図案は、糸紬(いとつむぎ)の婦人と紬檻の模様。結城紬は結城市を中心とした鬼怒川流域で生産されている絹織物で、糸つむぎから機織りに至るまでのすべての工程を手作業による伝統的な技法です。昭和31年に国の「重要無形文化財」に、昭和52年には「伝統的工芸品」に指定されています。2010年11月にはユネスコの無形文化遺産にも登録されました。結城紬は絹織物の一級品といわれ、糸質精緻、染色堅牢をうたわれ、丈夫で着れば着るほどツヤが出て体になじむといわれています。

茨城・川島郵便局の風景印

23932e5f.jpg茨城・川島郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒308-0856 茨城県筑西市伊佐山160。図案は、鬼怒川風景と女方遺跡出土の人面土器。鬼怒川は、関東平野を北から南へと流れ利根川に合流する全長176.7kmの利根川の支流の中で最も長い一級河川です。女方遺跡は、昭和14年から3年間にわたって田中国男博士により発掘が行われ、人面付壺型土器(いわゆる人面土器)の発見により当時の考古学会注目の遺跡となりました。弥生時代中期のもので目、鼻、口、顎を粘土紐によって立体的に表現し、目と口の周囲には沈線による隈取りがみられます。

平成2ならびの小型印(茨城・水戸元吉田郵便局)

bf3fd6b5.JPG平成2ならびの小型印(茨城・水戸元吉田郵便局)です。使用期間は平成 22年02月22日(月)〜平成22年02月22日(月)。開設場所は、水戸市千波町214-1 水戸千波局。

平成2ならびの小型印(茨城・水戸元吉田郵便局)

4e6a3a97.JPG平成2ならびの小型印(茨城・水戸元吉田郵便局)です。使用期間は、平成22年02月22日(月)〜平成22年02月22日(月)まで。開設場所は、水戸市元吉田町1590-4 水戸元吉田局。

平成2ならびの小型印(茨城・水戸下市郵便局)

b31ff350.JPG平成2ならびの小型印(茨城・水戸下市郵便局)です。使用期間は、平成22年02月22日(月)〜平成22年02月22日(月)まで。開設場所は、水戸市紺屋町1386-4 水戸下市郵便局。

茨城・2010年 年賀はがき展示会(水戸千波)の小型印

71281c51.JPG茨城・2010年 年賀はがき展示会(水戸千波)の小型印です。使用期間は平成22年01月01日(金)から15日(金)。開設場所は茨城県水戸市千波町214−1の水戸千波郵便局ロビー。

茨城・2010年 年賀はがき展示会(水戸下市)の小型印

db3e93b6.JPG茨城・2010年 年賀はがき展示会(水戸下市)の小型印です。使用期間は平成22年01月01日(金)から15日(金)。開設場所は茨城県水戸市千波町214−1の水戸千波郵便局ロビー(郵頼は水戸下市局/茨城県水戸市紺屋町1386−4)。

茨城・第106回水戸の梅まつりの小型印

9652dddf.jpg第106回水戸の梅まつりの小型印(水戸中央局)です。

茨城・土浦南局の風景印

5ea738ce.jpg茨城・土浦南局の風景印。土浦南局は茨城県土浦市荒川沖東3-19-4にあります。

茨城・土浦都和局の風景印

324aa8fa.jpg土浦都和局の風景印。茨城県土浦市といえば、れんこんの生産高日本一で知られていますね。土浦は茨城県南部に位置し,関東の名峰「筑波山」を背に,全国第二位の淡水湖「霞ヶ浦」に面しています。図案には、りんご、くり、バラの花なども描かれています。

茨城・つくば小田局の風景印

38012d99.jpg茨城県つくば市小田にある、つくば小田郵便局の風景印。つくば市は関東平野の東部、筑波山の南麓にあります。つくばといえば、筑波研究学園都市、つくばエクスプレス線の終点としての知られています。2007年4月1日には特例市に移行します。

茨城・つくば田井局の風景印

1d56f262.jpg茨城県・つくば田井局の風景印です。図案は、日本の道百選・神郡街道(筑波道)、筑波山マユ、蚕影山神社の灯篭籠。

茨城・筑波学園局の風景印

75cde9e5.jpg茨城・筑波学園局の風景印です。図案は、洞峰公園のソーラーハウス、松見公園のタワー、並木大橋、筑波山。

茨城・筑波山局の風景印

e710c29d.jpg茨城・筑波山局の風景印(茨城県つくば市筑波802)。
筑波山の美しい姿は、「西の富士、東の筑波」と呼ばれて古くから親しまれてきました。標高877mの山です。

茨城・山ノ荘局の風景印

b9901e54.jpg茨城・山ノ荘局の風景印です。山ノ荘郵便局は土浦市永井にあります。

茨城・土浦局の風景印

9d1d2bc6.jpg茨城・土浦局の風景印です。局の所在地は、土浦市城北町2−21。図案は、土浦亀城城趾・太鼓楼門、霞ヶ浦、ヨット、筑波山。
掲載スタンプ数 4337点
5月








都道府県別&テーマ別
記事検索
最新掲載スタンプ 50
日本郵便 新着切手情報
掲載したスタンプについて
toyama◇ここに掲載したスタンプの多くは、私が開設と運営にかかわった絵葉書文通ML(2000/10)や絵葉書文通SNS(2006/7)でお友達になった全国各地の皆さんと、ブログ開設後に応援していただいている皆さんから送っていただいたものです。本当にありがとうございます。「手紙って書くのももらうのも好き」「郵趣って楽しいね」という仲間の輪が少しでも広がることを願いながら、更新を続けています。

◇「風景印交換による文通がしたい」とか、「ブログに掲載されてない風景印をぜひアップしてほしい」という方がいらっしゃいましたら、下のメールフォームからお知らせください。楽しい風景印文通をしながら、私といっしょにスタンプの百科事典をつくっていきませんか。

(運営者・toyama/愛知県在住)

>>メールフォームへ
Yahoo!カテゴリ登録サイト
◇「絵葉書文通/風景印とスタンプ」はYahoo!Japanカテゴリ/趣味とスポーツ>趣味ホビー>コレクション>切手>風景印 に登録されています。

◇ライブドア編集部おすすめブログの「目のつけどころがイイ!オリジナリティ溢れるブログをご紹介」記事(2012.7.6)で紹介していただきました。
絵葉書文通ホームページ
>> 絵葉書文通

文通の持つ魅力と素晴らしさ・郵趣の楽しみを伝える仲間の声。