絵葉書文通 / 風景印とスタンプ

ペンパルから届いた郵便局の風景印や名所での記念印を紹介。スタンプで巡る日本一周の旅。

◇ゲゲゲの鬼太郎

鳥取・水木しげる記念館の記念スタンプ

6ad4c354.jpg鳥取・水木しげる記念館の記念スタンプです。水木しげる記念館は、「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家、水木しげる氏の世界が詰まったミュージアム。これまで生み出された妖怪たちのジオラマや、愛用品、仕事部屋などが再現され、展示物も豊富で水木しげる氏が世界のあちこちで集めたというコレクションやパネル写真も紹介しています。手紙を妖怪ポストに投函すると、鬼太郎消印を押してもらえる郵便サービスも好評。境港駅から本町アーケードまでの全長約800mの間には、「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクターや各地の妖怪たちをモチーフとした銅像などのオブジェが設置された、水木しげるロードがあります。境港市は、妖怪をテーマとした観光名所として広く知られるようになりました。

鳥取・ゲゲゲの鬼太郎スタンプ

きたろう鳥取・ゲゲゲの鬼太郎スタンプです。ペンパルから「水木しげる記念館」スタンプといっしょに送っていただいたスタンプです。境港市では「ゲゲゲの鬼太郎・ゲタ飛ばし大会」が開催されているそうで、昨年の9月に行われた大会は、もう14回目だったとか。この大会では1000人が挑戦し、参加者は鬼太郎のシンボルである黄色と黒のしま模様のあるちゃんちゃんこを羽織りながら、男女別や親子連れなどに分かれて、勢いよくげたを蹴り上げたといいます。結果は最高記録が31mだったそうです。次回もがんばれ!

鳥取・境港郵便局の風景印

1135f4c3.jpg鳥取・境港郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒684-8799 鳥取県境港市上道町3308。図案は、境魚港、境水道大橋、ベニズワイガニ、ゲゲゲの鬼太郎像。境漁港は、水産業の振興のためには特に重要であるとして政令で定められている特定第三種漁港で、日本有数の水揚げ量をほこる漁港です。境水道大橋は、境港市と島根県松江市美保関町との間にある境水道に架かる長さ709m、高さ40mの大橋。境港は、ゲゲゲの鬼太郎の生みの親、水木しげる氏の出身地で「妖怪の町」として知られています。

アニメ・ヒーロー・ヒロイン第9集の小型印 (1)

314def69.JPGアニメ・ヒーロー・ヒロイン第9集の小型印(大阪中央)です。これは手押し印。ゲゲゲの鬼太郎は幽霊族の少年鬼太郎を主人公とする、水木しげるによる漫画作品。人間界の常識では解決できないような不思議な事件が起こった時、妖怪ポストに助けを求める手紙を入れると、謎の少年・鬼太郎が現れて全てを解決してくれるのだ。

アニメ・ヒーロー・ヒロイン第9集の小型印 (2)

9d45fd5b.JPGアニメ・ヒーロー・ヒロイン第9集の小型印(大阪中央)です。これは機械印。図案の「ゲゲゲの鬼太郎」は水木しげる氏原作の漫画を基に1968年にアニメ化され、以降、70年代、80年代、90年代、2000年代と5作のアニメシリーズが各年代で放映され、昨年、アニメ化40周年を迎えました。

鳥取・ゲゲゲの鬼太郎

47c75d1f.jpg中国地方の風景印がゼロなんで、これを投稿します。おなじみゲゲゲの鬼太郎です。「鳥取・水木ロード」の押印。【水木ロード公式サイト
(toyama)
掲載スタンプ数 4337点
5月








都道府県別&テーマ別
記事検索
最新掲載スタンプ 50
日本郵便 新着切手情報
掲載したスタンプについて
toyama◇ここに掲載したスタンプの多くは、私が開設と運営にかかわった絵葉書文通ML(2000/10)や絵葉書文通SNS(2006/7)でお友達になった全国各地の皆さんと、ブログ開設後に応援していただいている皆さんから送っていただいたものです。本当にありがとうございます。「手紙って書くのももらうのも好き」「郵趣って楽しいね」という仲間の輪が少しでも広がることを願いながら、更新を続けています。

◇「風景印交換による文通がしたい」とか、「ブログに掲載されてない風景印をぜひアップしてほしい」という方がいらっしゃいましたら、下のメールフォームからお知らせください。楽しい風景印文通をしながら、私といっしょにスタンプの百科事典をつくっていきませんか。

(運営者・toyama/愛知県在住)

>>メールフォームへ
Yahoo!カテゴリ登録サイト
◇「絵葉書文通/風景印とスタンプ」はYahoo!Japanカテゴリ/趣味とスポーツ>趣味ホビー>コレクション>切手>風景印 に登録されています。

◇ライブドア編集部おすすめブログの「目のつけどころがイイ!オリジナリティ溢れるブログをご紹介」記事(2012.7.6)で紹介していただきました。
絵葉書文通ホームページ
>> 絵葉書文通

文通の持つ魅力と素晴らしさ・郵趣の楽しみを伝える仲間の声。