絵葉書文通 / 風景印とスタンプ

ペンパルから届いた郵便局の風景印や名所での記念印を紹介。スタンプで巡る日本一周の旅。

◇銅像

福岡・博多北郵便局の風景印

32d87ca4.jpg福岡・博多北郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒812-8799 福岡県福岡市博多区大井1−3−26。図案は、日蓮上人銅像、博多にわかの仮面、博多港の大型船、千代の松原。博多区の東公園の一角に海をにらんでそびえる巨像は、仏教・日蓮宗の開祖で「立正安国論」を唱えた日連上人の銅像。高さ約10.66m、重量75tある大きなもので、明治37年に建立されました。「博多にわか」とは、博多に伝わる話芸の伝統芸能です。博多にわかの面をかぶり博多弁でしゃべるのが特徴。正体や身分を隠すために面をつけ、何を言っても無礼講という意味合いがあるそうです。博多港は九州地域の経済を支える中枢港湾で、外国人旅客数は日本一。

大阪・高槻駅前郵便局の風景印

24105d91.jpg大阪・高槻駅前郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒569-0804 大阪府高槻市紺屋町5−15。図案は、高槻城主・高山右近、八丁松原の松並木。高山右近は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将で、キリシタン大名として知られています。洗礼名は「ジュスト」という名で、ポルトガル語では「正義の人」を意味します。現在、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」で、ジャニーズの生田斗真さんが右近役を好演し、あらためて注目が集まっています。信長から、従わなければキリシタンを根絶やしにすると脅されながらも、後に官兵衛をキリシタンに導きました。八丁松原とは、京口と呼ばれた高槻城から西国街道まで続いた松の並木道のこと。

兵庫・川西清和台郵便局の風景印

c4f21542.jpg兵庫・川西清和台郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒666-0143 兵庫県川西市清和台西2-2-2。図案は、マスコットキャラクターきんたくん、源満仲の銅像。平成26年7月10日から使用開始となった風景印です。きんたくんは、川西のまちに元気と活気を生み出し、イメージを高め、住んでいる人が誇りに思うふるさとにしていこうと、2008年に公募によって誕生しました。川西市を流れる猪名川の悠久の流れを臨む多田神社は、平安中期に清和源氏の祖である源満仲が創建し、源氏発祥となった地。川西を開き、武家社会の基礎を作った人物でもあります。JR川西池田駅前のロータリーそばには、馬に乗った源満仲の銅像が立っています。

高知・龍馬郵便局の風景印

271f718d.jpg高知・龍馬郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒780-0901 高知県高知市上町1−8−18。図案は、坂本龍馬像と生誕の碑。龍馬の功績を永く後世に伝えようと、1928年に建設された桂浜海岸近くの銅像はあまりにも有名。懐手の姿、足元にブーツ、海岸から遠く世界を見つめるような雰囲気がただよいます。実は、同じような姿のミニ銅像は龍馬が生まれたといわれる上町の龍馬郵便局前にも設置されています。また、誕生地の碑は国道33号線の上町一丁目にある上町病院さんの隣に建立。幕末の激動期、新しい時代の変化に自ら挑んだ龍馬は、生れた上町でもその魅力を人々に伝え続けています。

東京・大泉郵便局の風景印

8f0c9562.jpg東京・大泉郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒178-8799 東京都練馬区大泉学園町4−20−23。図案は、牧野富太郎の銅像と牧野記念庭園の中にある石碑、仙台屋桜。牧野富太郎は、50万点もの標本や観察記録、そして『牧野日本植物図鑑』などの著作を残した日本の植物学者。牧野記念庭園は、牧野が死去するまで約30年間住んだ居宅と庭の跡で、昭和33年に区立庭園となりました。描かれている石碑には「花在れバこそ吾れも在り」とあります。仙台屋桜は、花色が紅色でとても美しい山桜系の桜のこと。高知市内の仙台屋という店の庭にあったことから、牧野が名前をつけたそうです。

石川・安宅郵便局の風景印

438371e5.jpg石川・安宅郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒923-0003 石川県小松市安宅町ワ103−1。図案は、勧進帳の外枠に、安宅の関に建つ義経・弁慶・富樫の銅像。安宅の関は小松市が誇る名跡の一つ。源義経が武蔵坊弁慶らとともに奥州へ向かう途中、関守である富樫左衛門に尋問を受けたとされる場所。跡地には三者の銅像が建てられていますが、この物語は美談として歌舞伎「勧進帳」でも長く演じられています。また、「智仁勇」とは孫子の兵法に出てくる言葉。何が正しいかを識る意の「智」、相手の立場になってものを考えられる慈愛の心を「仁」、勇気をふるって打ち込む「勇」を表しています。

石川・小松郵便局の風景印

db87d5ad.jpg石川・小松郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒923-8799 石川県小松市園町ハ128−1。図案は、安宅関跡の弁慶像、小松空港離陸したジェット旅客機。安宅の関は、小松市の日本海側にある安宅に守護・富樫氏が設けたと言われる関所のこと。関所跡一帯は松林に囲まれた公園として整備されており、弁慶・富樫・義経の3体の銅像が日本海に向かって立っています。歌舞伎十八番のひとつ「勧進帳」でも有名ですが、悲運の武将・義経をかばう弁慶、それを知りつつ一行を逃がしたという関守・富樫を再現しています。小松空港は小松市にある共用飛行場で、小松市・金沢市・福井市などへのアクセス拠点。

宮城・仙台中央郵便局の風景印

5fd17235.jpg宮城・仙台中央郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒980-8799 宮城県仙台市青葉区北目町1−7。図案は、七夕飾り、伊達政宗騎馬像、ケヤキ。伊達 政宗は、出羽国と陸奥国の戦国大名で、幼少時に患った疱瘡(天然痘)により右目を失明したことから、後に「独眼竜」とも呼ばれました。仙台城(青葉城)址の天守台には伊達政宗像が立てられており、馬に乗り甲冑姿の正宗が仙台の市街地を見下ろしています。仙台市の七夕まつりは、毎年8月6日から8日にかけて開催され、通りを埋め尽くす豪華な笹飾りが有名。杜の都・仙台のシンボル定禅寺通には、約700mにわたりケヤキ並木が続いています。送っていただいた風景印と切手との組み合わせ写真は、こちらで紹介します。

大阪・堺三宝郵便局の風景印

168aaaa8.jpg大阪・堺三宝郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒590-0906 大阪府堺市堺区三宝町4−256−6。図案は、旧堺燈台、河口慧海像。旧堺燈台は、明治10年(1877)に旧堺港の突端に建築されました。そのころ、ペリー来航に伴う開国によって外国船が安全に航海できるよう各地に灯台がつくられたそうです。洋風でオシャレな六角形の設計は、イギリス人技師のビグルストンによるもの。河口慧海は、堺出身の明治・大正時代の仏教学者、チベット探検家。鎖国状態にあったチベットに日本人として初めて入国し、大量のチベット仏典を収集。帰国後、仏教学の発展に大きく寄与しました。慧海の生家跡に近い南海本線七道駅そばに、銅像が建てられています。

三重・柘植郵便局の風景印

e80668e4.jpg三重・柘植郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒519-1402 三重県伊賀市柘植町2034−1。図案は、阿原谷キャンプ場、芭蕉翁木像、山ツツジ。江戸時代前期の俳諧師として知られる松尾芭蕉は、現在の三重県伊賀市出身です。具体的な出生地については、この地の柘植説と、赤坂(現在の伊賀市上野赤坂町)ではないかという説もあるそうです。芭蕉は蕉風と呼ばれるきわめて芸術性の高い句風を確立し、後世では俳聖、俳聖として世界的にも知られる、日本史上最高の俳諧師の一人です。

三重・鈴鹿郵便局の風景印

a470bcac.jpg三重・鈴鹿郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒513-8799 三重県鈴鹿市西条4−96。図案は、大黒屋光太夫と神戸城。大黒屋光太夫は、江戸時代後期に伊勢国白子(現三重県鈴鹿市)の港を拠点とした回船(運輸船)の船頭。1782年航海中台風に遭い、アリューシャン列島アムチトカ島に漂着。その後ロシアに在留、91年エカテリーナ二世に謁見しました。帰国後、桂川甫周が光太夫の見聞にもとづいて著した『北槎聞略』は、ロシアに関する最初の見聞記として知られています。生家跡近くにある大黒屋光太夫記念館前と近鉄名古屋線伊勢若松駅前には、大黒屋光太夫の銅像が建てられています。神戸城は、鈴鹿市神戸本多町にあった城。現在は城跡が公園として整備され、本丸の石垣と堀の一部が残っています。

京都・京都御所ノ内郵便局の風景印

15d1e7fb.jpg京都・京都御所ノ内郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒600-8863 京都府京都市下京区七条御所ノ内本町70。図案は、若一神社の大楠の木、鳥居、清盛公西八条殿跡の平清盛像。若一神社の境内には、「平清盛公西八条殿跡」という石標があり、平安末期に平清盛がここに別邸を建て「西八条殿」と称し、紀州熊野の若一王子の御霊を祭ったといわれています。社前には清盛が自ら植えた大楠があり、樹齢800年を越えると言われています。また、そのそばには平清盛像も。小さな神社ですが清盛ゆかりの地として、NHK大河ドラマ「平清盛」でも放映されたそうです。

東京・葛飾郵便局の風景印

25b8cba3.jpg東京・葛飾郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒124-8799 東京都葛飾区四つ木2−28−1。図案は、モーツァルトの像、ハーブ橋、花菖蒲。葛飾区の文化施設である「かつしかシンフォニーヒルズ」のモーツァルトホールは、国内でもトップクラスの音響性能のコンサートホール。外に建っているモーツアルト像は、世界で唯一の現地のウィーン市に建つモーツアルト像の実物大複製だそうです。かつしかハープ橋は葛飾区の綾瀬川にかかる橋で、首都高速中央環状線を通し、北岸の東京都葛飾区東四つ木一丁目と南岸の東京都葛飾区西新小岩三丁目を結ぶ橋。1987年9月に開通し、夜は美しくライトアップされ、葛飾の名所のひとつとなりました。

東京・上野駅前郵便局の風景印

580de837.jpg東京・上野駅前郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒110-0005 東京都台東区上野6−15−1。図案は、上野駅と西郷隆盛の銅像とアメヤ横丁。上野駅は、東京都台東区上野七丁目および東上野三丁目にある、JR東日本・東京メトロの駅。石川啄木が詠んだ「ふるさとの訛なつかし 停車場の人ごみの中にそを聽きにゆく」の短歌や、歌謡曲の「あゝ上野駅」などでも知られています。上野恩賜公園の山王台広場に立つ西郷隆盛像は、1898年(明治31)に建立。西郷が、江戸城を無血開城させ江戸を戦火から救った功績によって造られました。アメヤ横丁は、上野から御徒町の間のガード下などに、鮮魚・乾物などの食料品と舶来の化粧品や小物を扱う店が約400軒連ねる商店街。

東京・上野七郵便局の風景印

916f7114.jpg東京・上野七郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒110-0005 東京都台東区上野7−9−15。図案は、上野の森を背景に西郷隆盛の銅像。明治維新の中心人物として、廃藩置県、徴兵制度、身分制度の廃止、宮中の改革、学校、警察、銀行、太陽暦採用など、近代日本の礎を作った西郷隆盛。台東区上野の上野公園に建っている西郷像は高村光雲氏によって作られました(犬は後藤貞行氏作)。全国2万5千人余の有志の寄付金などで建立され、除幕式は西郷の死後21年を経た1898年(明治31年)12月18日に行われました。以後「上野の西郷さん」と呼ばれて、100年以上経つ今も多くの人々に親しまれています。

島根・今福郵便局の風景印

0af4f772.jpg島根・今福郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒697-0399 島根県浜田市金城町今福35−3。図案は、文豪・島村抱月の像と文学碑、金木山の遠望。島村抱月(1871年-1918年)は日本の文芸評論家、演出家、劇作家、小説家、詩人。新劇運動の先駆け的な役割を果たし「日本新劇の父」と呼ばれました。中でも、作詞を行った「カチューシャの唄」の大ヒットにより、新劇の大衆化に大きく貢献。生誕地である浜田市金城町には「島村抱月文学散歩コース」があります。コース内の公園には、抱月の文学・芸術に対する熱き思いが刻まれた碑や業績を刻む碑が建てられており、銅像も。金木山は浜田市金城町にある標高719.8mの山。急傾斜の山ですが、整備されていることや短時間で登れることから登山者も多いようです。

鹿児島・鹿児島甲突郵便局の風景印

2dcc0ef1.jpg鹿児島・鹿児島甲突郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒892-0837 鹿児島県鹿児島市甲突町20−16。図案は、鹿児島のシンボル・桜島、西郷隆盛像、甲突川。甲突川は、鹿児島県の薩摩半島を流れる甲突川水系の本流。八重山(標高676.8m)中腹の甲突池から南東へ流れ、鹿児島市街地を南北に分けながら鹿児島湾(錦江湾)に注いでいます。鹿児島市の中心部を流れており、春は両岸の桜並木の遊歩道でのお花見に多くの人が訪れる名所。また、高見橋から甲突橋にかけて川ぞいの街は、西郷隆盛や大久保利通など、鹿児島の生んだ明治の英雄たちのゆかりの場所として知られています。

鹿児島・鹿児島南林寺郵便局の風景印

71ba53e5.jpg鹿児島・鹿児島南林寺郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒892-0834 鹿児島県鹿児島市南林寺町1−7。図案は、鹿児島のシンボル・桜島、西郷隆盛像、パース通り、楠木、ツツジの花。パース通りは、鹿児島中央駅前から新屋敷電停付近まで続く通りのことで、オーストラリア「パース」との姉妹都市盟約を記念して名付けられました。鹿児島市は北緯32度に位置し「太陽と緑の街」と呼ばれていますが、パース市は南緯32度に位置し「ひかりの街」と呼ばれているそうです。地理的、気候的に共通する点が多いところから民間交流が盛んに行われるようになり、昭和35年5月に姉妹都市盟約が結ばれました。

鹿児島・鹿児島市の記念スタンプ

36c34849.jpg鹿児島・鹿児島市の記念スタンプです。図案は、桜島を背景に薩摩の英雄・西郷隆盛と大久保利通。西郷隆盛は、明治維新という大事業へ向けて力を発揮した人物。江戸城の無血開城はじめ明治の新政府樹立に大きな功績を残しました。後に、私学校を開設し子弟教育にも大きな功績を残しました。市内の鹿児島市立美術館近くに銅像が建てられています。大久保利通は、幕末期に薩摩藩下級武士のリーダーとして藩論を尊皇にまとめ藩政の改革にも手腕をふるいました。西郷と力をあわせながら倒幕に奔走し、1867年に明治維新を達成しました。維新後の新政府では版籍保管、廃藩置県の実現に尽力。鹿児島中央駅に近い高見橋の東詰に銅像があります。

鹿児島・鹿児島東千石郵便局の風景印

676b91b8.jpg鹿児島・鹿児島東千石郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒892-0842 鹿児島県鹿児島市東千石町4−18。図案は、鹿児島のシンボル・桜島、西郷隆盛像、パーム椰子。西郷隆盛は、薩摩藩の武士、軍人、政治家。薩摩藩の盟友、大久保利通や長州藩の木戸孝允と並び「維新の三傑」と呼ばれています。貧しい下級武士の子として生まれた西郷は、島津斉彬の影響を受け、倒幕そして明治維新という大事業へ向けて東奔西走。江戸城の無血開城はじめ明治の新政府樹立に大きな役割を果たしました。後に、私学校を開設し子弟教育に専念。西南戦争の大将として新政府軍と戦いますが、田原坂の敗北、城山で自刃と、50年の熱い生涯を閉じました。
掲載スタンプ数 4337点
5月








都道府県別&テーマ別
記事検索
最新掲載スタンプ 50
日本郵便 新着切手情報
掲載したスタンプについて
toyama◇ここに掲載したスタンプの多くは、私が開設と運営にかかわった絵葉書文通ML(2000/10)や絵葉書文通SNS(2006/7)でお友達になった全国各地の皆さんと、ブログ開設後に応援していただいている皆さんから送っていただいたものです。本当にありがとうございます。「手紙って書くのももらうのも好き」「郵趣って楽しいね」という仲間の輪が少しでも広がることを願いながら、更新を続けています。

◇「風景印交換による文通がしたい」とか、「ブログに掲載されてない風景印をぜひアップしてほしい」という方がいらっしゃいましたら、下のメールフォームからお知らせください。楽しい風景印文通をしながら、私といっしょにスタンプの百科事典をつくっていきませんか。

(運営者・toyama/愛知県在住)

>>メールフォームへ
Yahoo!カテゴリ登録サイト
◇「絵葉書文通/風景印とスタンプ」はYahoo!Japanカテゴリ/趣味とスポーツ>趣味ホビー>コレクション>切手>風景印 に登録されています。

◇ライブドア編集部おすすめブログの「目のつけどころがイイ!オリジナリティ溢れるブログをご紹介」記事(2012.7.6)で紹介していただきました。
絵葉書文通ホームページ
>> 絵葉書文通

文通の持つ魅力と素晴らしさ・郵趣の楽しみを伝える仲間の声。