絵葉書文通 / 風景印とスタンプ

ペンパルから届いた郵便局の風景印や名所での記念印を紹介。スタンプで巡る日本一周の旅。

◇富士山

静岡・富士宮郵便局の風景印

e37c1d08.jpg静岡・富士宮郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒418-8799 静岡県富士宮市若の宮町475。図案は、浅間神社と富士山と桜。富士山本宮浅間大社は、世界遺産「富士山」の構成資産で、全国1300余社ある浅間神社の総本宮といわれる神社です。春には花見スポットとしても有名で、ソメイヨシノだけでなくシダレザクラ、ヒガンザクラも美しく咲き誇ります。また、富士山の最高峰、剣ヶ峰(3776m)まで最短距離で行くことができるのが、富士宮ルート。東海道新幹線の新富士駅、三島駅から五合目への直行バスでアクセスできます。六合目より上では駿河湾を一望できるのも、このルートの魅力の一つ。

世界遺産シリーズ第7集「富士山−信仰の対象と芸術の源泉」の特印(2)

859809fa.jpg世界遺産シリーズ第7集「富士山−信仰の対象と芸術の源泉」の特印です。2013年6月の第37回ユネスコ世界遺産委員会において世界遺産に登録された富士山。静岡県と山梨県に跨る活火山で、標高3,776mは日本最高峰。その圧倒的な存在感は畏敬の念をおこさせ、霊峰富士として古来から多様な信仰の対象して崇拝されてきました。古くは「古事記」「日本書紀」「万葉集」にも出てきますし、「富嶽三十六景」「富士三十六景」では日本人の生活と深くかかわっている富士の姿が描かれてきました。詳しくは、こちらで紹介されています。

世界遺産シリーズ第7集「富士山−信仰の対象と芸術の源泉」の特印(1)

279f88d3.jpg世界遺産シリーズ第7集「富士山−信仰の対象と芸術の源泉」の特印です。これは手押し印。発行日は、2014(平成26)年6月26日。発売された切手は、82円切手が10種類で1シート。(1)富士山−俯瞰1 (2)富士山−俯瞰2 (3)富士山−春1 (4)富士山−夏1 (5)富士山−秋1 (6)富士山−冬1 (7)富士山−春2 (8)富士山−夏2 (9)富士山−秋2 (10)富士山−冬2 背景:冨嶽三十六景-凱風快晴。詳しくは、こちらで紹介されています。

静岡・清水三保郵便局の風景印

49ab54d1.jpg静岡・清水三保郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒424-0901 静岡県静岡市清水区三保3797−31。図案は、三保の松原と羽衣の松と富士山の遠望。三保の松原は、三保半島にある景勝地で、約7kmの海岸線に5万4千本の松が茂り、三大松原のひとつに数えられています。波打ち際から望む富士山の素晴らしさは、日本新三景の名勝地に選ばれたほど。また、世界文化遺産「富士山−信仰の対象と芸術の源泉」の構成遺産のひとつに登録されました。その三保の松原には、天女が舞い降りて羽衣を掛けたという伝説の「羽衣の松」があります。高さ15m、主幹の周囲が2.5mの黒松で樹齢は約650年。送っていただいた風景印と切手との組み合わせ写真は、こちらで紹介します。

静岡・清水折戸郵便局の風景印

b40ecff1.jpg静岡・清水折戸郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒424-0902 静岡県静岡市清水区折戸4−9−50。図案は、折戸の海岸から望む富士山。山梨県と静岡県にまたがる富士山は、日本人の誰もが知っている日本一の山。静岡県からは、山裾を長く引いた優雅な姿が見られ、その美しさは格別なものがあります。駿河湾の東側にある三保半島で分けられた海域が折戸湾になりますが、折戸浜は海岸線がとても美しいことで知られ、晴れた日には富士山を背景に素晴らしい景色を見ることができるそうです。送っていただいた風景印と切手との組み合わせ写真は、こちらで紹介します。

東京・足立旭町郵便局の風景印

cf1d40ad.jpg東京・足立旭町郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒120-0026 東京都足立区千住旭町27−13。図案は、江戸時代の千住宿、当時を偲ぶ人、富士山。千住宿は、武蔵国足立郡・豊島郡の荒川(隅田川)沿いにあった宿場町。江戸に物資を運び込むための中継地点としても発展しました。天気のいい日には、千住新橋からの富士山の眺めがすばらしいそうです。葛飾北斎の作品にも、荷を背負った馬と人が千住から富士を眺めているものがありますね。送っていただいたはがきの風景印部分の写真は、こちらで紹介します。

東京・杉並善福寺郵便局の風景印

a6d9fbb6.jpg東京・杉並善福寺郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒167-0041 東京都杉並区善福寺1−4−5。図案は、地蔵坂、井草、富士山、区花さざんか。地蔵坂は、図案右側に小さく表示しているように、別名・寺分坂とも呼ばれ、杉並区の女子大通り、西荻北4丁目の地蔵坂交番前を北東に善福寺川に架かる原寺分橋まで下っている坂のことをいいます。「井草」というのは、杉並にある地名でもありますが、善福寺池、妙正寺池周辺に井草があったからなど、諸説あるようです。富士山が描かれていますが、地蔵坂からこんなに大きくクッキリと見えるのでしょうか。でも、こういうデフォルメされてる風景印って、デザイン的に優れているものが多く私は好きです。

日本の山岳シリーズ第2集の特印 (大阪中央)

56c92c64.jpg日本の山岳シリーズ第2集の特印 (大阪中央)です。これは機械印。発行日は、平成25年2月22日。発行された切手は、80円郵便切手10種で1シート。(1)富士山・静岡県 (2)筑波山・茨城県 (3)笠ヶ岳・岐阜県 (4)伊吹山・滋賀県 (5)飯野山・香川県 (6)蔵王連峰・宮城県 (7)月山・山形県 (8)両神山・埼玉県 (9)ニ上山・大阪府 (10)くじゅう連山・大分県。(*府県名は山を撮影した場所)。それぞれの撮影者は、(1)坂本春治さん (2)岩渕史朗さん(3)木下喜代男さん (4)中村憲一さん (5)曽我忍さん (6)市川傳さん (7)山梨勝弘さん (8)新海良夫さん (9)宮崎一之さん (10)佐藤尚さん。詳しい内容は、こちらをご覧ください。送っていただいた特印と切手との組み合わせ写真は、こちらで紹介します。

埼玉・富士見鶴瀬西郵便局の風景印

17b23af4.jpg埼玉・富士見鶴瀬西郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒354-0026 埼玉県富士見市鶴瀬西2−23−29。図案は、富士見ミニ鉄道公園を表す駅名標に線路、市花・藤の花、富士山。富士見ミニ鉄道公園は、むさし野緑地公園内にある本物の蒸気で動くミニSLの施設の通称。毎年4月から12月(8月を除く)の間ミニ鉄道の運転会が行われています。運転会は、富士見市ミニ鉄道クラブと市の協働事業として実施されます。富士見市役所隣にある中央図書館のまわりには、約400メートルにもなる「ふじ棚」があり、5月上旬には咲き、紫色の優雅な花が目を楽しませてくれます。市名の由来となった富士山のすばらしい眺めは、空気が乾燥し晴天に恵まれる冬場が一番美しいそうです。送っていただいた風景印と切手との組み合わせ画像は、こちらをご覧ください。

静岡・裾野市役所前郵便局の風景印

a5d13113.jpg静岡・裾野市役所前郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒410-1118 静岡県裾野市佐野村東1485−1。図案は、富士山と逆さ富士の外枠に、五竜の滝、アシタカツツジ。五竜の滝は裾野市中央公園にある滝で、黄瀬川の清流が富士の基底溶岩の断層からいくつもの流れとなって落下しています。5本の滝からなる分岐瀑で、それぞれは主流の3本の雄滝と支流の2本の雌滝で構成されています。アシタカツツジは裾野市の市花で、愛鷹山や天子ケ岳に自生する珍しいツツジです。花の見ごろは5月中旬。「アシタカツツジ原生群落」として、裾野市指定天然記念物。送っていただいた風景印と切手との組み合わせ画像は、こちらをご覧ください。

山梨・上九一色郵便局の風景印

63b1f800.jpg山梨・上九一色郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒409-3712 山梨県甲府市古関町1364。図案は、本栖湖に富士山と月見草。山梨県側から見る富士山は、山中湖、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖と、見る場所によってさまざまな魅力に遭遇するといいます。中でも図案の本栖湖は、周囲12.6km、水深は富士五湖では最も深い138mもあり、千円札や旧五千円の逆さ富士はこの本栖湖から見たものが描かれています。けなげな月見草の美しさが調和している富士山の雄姿は、太宰治の「富嶽百景」の一節でも紹介されていますが、御坂峠には「富士には月見草がよく似合ふ」と刻まれた碑もあるそうです。送っていただいた風景印と年賀はがきとの組み合わせ画像は、こちらをご覧ください。

山梨・大月郵便局の風景印

1f231a24.jpg山梨・大月郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒401-8799 山梨県大月市御太刀1−13−1。図案は、岩殿山、富士山、市花・百合。岩殿山は標高634mの山。大月市街地からも近く、大月駅からも間近にその姿を眺めることができ、ハイキングコースとしても知られています。岩殿山は大月市が1992年に定めた「秀麗富岳十二景」(大月市内で富士山を望む優れた景観がある場所)の一つで、天気の良い日にはすばらしい富士を見ることができるといいます。その昔、戦国の武将だった小山田氏の居城があったところでもあり、甲斐と相模を結ぶ交通の要衝でした。東国の城郭の中でも屈指の堅固さを持っていたといいます。

山梨・真木郵便局の風景印

4fe0e32e.jpg山梨・真木郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒401-0016 山梨県大月市大月町真木3583。図案は、雁ヶ腹摺山から望む富士山、市花・ヤマユリ。笹子雁ヶ腹摺山は、山梨県大月市と甲州市(旧東山梨郡大和村)の境にある標高が1357.7mの山。旧500円札に描かれている富士山の絵は、雁ヶ腹摺山から撮影した写真をもとに描かれています。山頂から見る富士山の眺めは秀麗富嶽十二景の一つに選ばれており、西側の甲府盆地や南アルプスの展望もすばらしいそうです。送っていただいた風景印と切手との組み合わせ画像は、こちらをご覧ください。

山梨・鳴沢郵便局の風景印

f9d1cd14.jpg山梨・鳴沢郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒401-0320 山梨県南都留郡鳴沢村1841−1。図案は、特別天然記念物・溶岩樹型と鳴沢氷穴とシャクナゲの花と富士山の遠望。鳴沢氷穴は、青木ヶ原樹海の東の入口にある富士五湖観光の一つに数えられる人気スポット。その昔、富士山の側火山長尾山の噴火の際、古い寄生火山の間を灼熱に焼けた溶岩流が流れ下ってできたトンネルのような溶岩洞窟です。内部の気温は平均3度と低く、一年中氷におおわれています。溶岩樹型は、火山の噴火で立木が溶岩流に包みこまれ、急速に冷やされた溶岩が木の原形を残して固まったもの。富士山五合目の森林限界付近には、7月中旬から下旬にかけて淡いピンクのシャクナゲの花が咲き誇り、ハイキングする人の目を和ませます。

山梨・久那土郵便局の風景印

久那土山梨・久那土郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒409-3116 山梨県南巨摩郡身延町車田1130−4。図案は、富士山と木喰上人像。木喰上人は江戸時代中頃の僧。甲斐国丸畑(現山梨県南巨摩郡身延町)に生まれ、22歳で出家し、45歳のとき木喰戒を受け、61歳で廻国修行の旅に出て仏像をほって歩いたといいます。93歳で亡くなるまで数々の仏を生み出し、現在残されている数は600体以上。仏像はまゆが濃くおだやかな表情で、木喰仏と呼ばれています。

山梨・古関郵便局の風景印

446d2bf4.jpg山梨・古関郵便局の風景印(平成23年11月21日に使用開始)です。郵便局の所在地は、〒409-3106 山梨県南巨摩郡身延町古関100−1。図案は、富士山と木喰上人像。木喰上人は、日本各地を回国修行するなかで木彫の仏像や神像を千体以上もつくったといわれる高僧。故郷の山梨県身延町の古関丸畑にある生家を「木喰記念館」として公開しています。所在地は、山梨県南巨摩郡身延町古関丸畑3490。JR身延線「下部」駅から車で約20分。

日本の山岳シリーズ第1集の特印

72caa95b.jpg日本の山岳シリーズ第1集の特印(東京中央)です。これは機械印。発行された切手の種類は80円・10種類で、(1)富士山・山梨県(2) 磐梯山・福島県(3)白山・石川県(4)比叡山・京都府(5)石鎚山・愛媛県(6)岩手山・岩手県(7)谷川岳・群馬県(8)赤石岳・静岡県(9)蒜山・岡山県(10)阿蘇山(高岳)・熊本県。(府県名は山を撮影した場所)続きを読む

埼玉・大井緑ヶ丘郵便局の風景印

5ad1fe54.jpg埼玉・大井緑ケ丘郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒356-0043 埼玉県ふじみ野市緑ケ丘1−10−13。図案は、給水塔、関越自動車道、町花・桔梗、富士山。旧大井町を走る関越自動車道の道沿いに「おおい」と書かれた給水塔があり、それが図案になっているんですね。旧大井町の市花はキキョウでマンホールの蓋にもこの花がデザインされています。2005年に上福岡市と合併し、ふじみ野市になりましたが、大井町時代のマンホールデザインはふじみ野市になっても使われてるそうです。

山梨・山中湖郵便局の風景印

a9f59261.jpg山梨・山中湖郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒401-0599 山梨県南都留郡山中湖村山中土手外446−3。図案は、山中湖畔のキャンプ村と冬の若さぎ釣りとスケーター。 山中湖は富士五湖のひとつで、その中でも最大の面積を持ち、湖面の標高は最も高い位置にある。富士箱根伊豆国立公園に指定。山中湖村の村営キャンプ場は、ロッジやテント、施設が充実しているうえ、備品の貸し出しもあるキャンプ場。ハイキング、サイクリング、風景写真撮影、キャンプ、魚釣り、ダイヤモンド富士・・・山中湖畔は大自然を満喫できそうですね。

山梨・旭日丘郵便局の風景印

d3be1165.jpg山梨・旭日丘郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒401-0502 山梨県南都留郡山中湖村平野506−296。図案は、山中湖畔のキャンプ村と冬の若さぎ釣りとスケーター。(図案は、山中湖郵便局と同じ)
掲載スタンプ数 4337点
5月








都道府県別&テーマ別
記事検索
最新掲載スタンプ 50
日本郵便 新着切手情報
掲載したスタンプについて
toyama◇ここに掲載したスタンプの多くは、私が開設と運営にかかわった絵葉書文通ML(2000/10)や絵葉書文通SNS(2006/7)でお友達になった全国各地の皆さんと、ブログ開設後に応援していただいている皆さんから送っていただいたものです。本当にありがとうございます。「手紙って書くのももらうのも好き」「郵趣って楽しいね」という仲間の輪が少しでも広がることを願いながら、更新を続けています。

◇「風景印交換による文通がしたい」とか、「ブログに掲載されてない風景印をぜひアップしてほしい」という方がいらっしゃいましたら、下のメールフォームからお知らせください。楽しい風景印文通をしながら、私といっしょにスタンプの百科事典をつくっていきませんか。

(運営者・toyama/愛知県在住)

>>メールフォームへ
Yahoo!カテゴリ登録サイト
◇「絵葉書文通/風景印とスタンプ」はYahoo!Japanカテゴリ/趣味とスポーツ>趣味ホビー>コレクション>切手>風景印 に登録されています。

◇ライブドア編集部おすすめブログの「目のつけどころがイイ!オリジナリティ溢れるブログをご紹介」記事(2012.7.6)で紹介していただきました。
絵葉書文通ホームページ
>> 絵葉書文通

文通の持つ魅力と素晴らしさ・郵趣の楽しみを伝える仲間の声。