絵葉書文通 / 風景印とスタンプ

ペンパルから届いた郵便局の風景印や名所での記念印を紹介。スタンプで巡る日本一周の旅。

◇日本の城

愛知・名古屋丸の内郵便局の風景印

158740a8.jpg愛知・名古屋丸の内郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1−17−9。図案は、名古屋城と丸の内のオフィス街。丸の内は名古屋城の南側、東を久屋大通、西を堀川、南を桜通、北を外堀通で囲まれた地区。名古屋城を取り囲むように官庁街が形成され、さらに金融関係のオフィス街やアパレル商社などの繊維問屋街が広がるエリアです。幹線道路沿いには企業の大規模ビルが多いのも特徴。西には名駅、東南には錦三丁目・栄と、名古屋を代表する繁華街があります。

愛知・名古屋丸の内三郵便局の風景印

18129386.jpg愛知・名古屋丸の内三郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3−2−5。図案は、名古屋城天主閣と旧東海郵政局庁舎。名古屋丸の内三郵便局は、日本郵政グループ名古屋ビル(旧郵政省東海郵政局庁舎)1階にあります。伊勢音頭で「尾張名古屋は城で持つ」とうたわれた名古屋城。第二次世界大戦で多くの建物を失ってしまったものの、戦災前は日本でも最大規模の城郭でした。町を見下ろす5層5階の天守閣は、1959年には火災に強いコンクリート製になって再建。城はもちろんのこと、大天守に上げられた金鯱は名古屋の街のシンボル的存在になっています。

京都・京都二条油小路郵便局の風景印

29e900ad.jpg京都・京都二条油小路郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒604-0051 京都府京都市中京区油小路通二条下る二条油小路町274。図案は、二条城東南隅櫓と襖の松の京扇子。二条城は、徳川将軍家康が京都御所の守護と将軍上洛のときの宿泊所として造営したお城。徳川慶喜により大政奉還が行われ、江戸幕府の終焉の場所としても知られます。東南隅櫓は東南の角に建てられた櫓で、1602年〜1603年に造られ、1625年〜1626年に改修されました。平安時代より扇は、そのほとんどが京都で生産されてきたそうです。その昔、宮中の女性達の間で木簡と木簡をあわせた檜扇がブームとなり、扇面が上絵で飾られるようになったそうです。高価でなくても折り畳みのできる扇子は、一本は持っていたいものですね。

長野・諏訪高島城の記念スタンプ

28b64957.jpg長野・諏訪高島城の記念スタンプです。高島城は、長野県諏訪市高島にあった城。豊臣秀吉の臣下、日根野織部正高吉によって築城。当時、諏訪湖畔に島状を呈していたと思われる場所で「浮島」とも呼ばれました。諏訪湖の水が城際まで迫り壕の役割を果たしたことから難攻不落を誇ったといいます。現在は、本丸跡が公園として整備され、桜や藤の花の季節には多くの人で賑わいます。所在地は、諏訪市高島1丁目20番1。アクセスは、JR中央本線・上諏訪駅諏訪湖口から徒歩約10分、中央自動車道諏訪インターから約15分。

沖縄・読谷郵便局の風景印

47ac20bc.jpg沖縄・読谷郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒904-0399 沖縄県中頭郡読谷村高志保1297−2。図案は、座喜味城跡と読谷山花織と糸車。座喜味城跡は15世紀の初頭、築城家としても名高い読谷山按司護佐丸によって築かれた城。戦国時代の要塞として最高傑作といわれています。2000年11月、首里城跡などとともに、琉球王国のグスク及び関連遺産群としてユネスコの世界文化遺産に登録されました。読谷山花織は、約600年の歴史を誇る沖縄生まれの可憐な花柄の織物のこと。一時衰退したものの、1964年に約90年ぶりに復活。現在では、組織化された読谷山花織事業共同組合によって、沖縄の伝統と文化の織物を引き継いでいます。

石川・小松大川郵便局の風景印

1ea2b7bd.jpg石川・小松大川郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒923-0911 石川県小松市大川町3−8。図案は、白山の遠望、小松城址、桜並木。白山は、白山国立公園内の石川県白山市と岐阜県大野郡白川村にまたがる、標高2,702mの山。富士山、立山とともに日本三名山のひとつです。小松城は、小松市丸の内町にあったお城で、加賀一向一揆方の若林長門守によって築かれたといわれています。後に、村上氏、丹羽氏が城主に。江戸時代に加賀藩領となり、一国一城令で廃城となったものの、2代藩主前田利常の隠居城という名目で再築を果たしました。城址は今、小松高校の敷地になっており、天守台跡の石垣が残されています。

大阪・都島郵便局の風景印

be0d3780.jpg大阪・都島郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒534-8799 大阪府大阪市都島区高倉町1−6−3。図案は、桜の花の外枠に、大阪城、造幣局、桜の花、銀橋。大阪城公園は100ヘクタール以上という膨大な敷地を持つ公園で、春ともなるとソメイヨシノをはじめ、約3000本もの桜が咲き誇る名所。親しみを込めて「銀橋」と呼ばれる桜宮橋は、北区と都島区を結ぶ長さ108m、幅22mのとても美しい橋。造幣局の“桜の通り抜け”出口にあたる場所にかかっていますが、春ともなると川沿いには桜並木が続き、橋からは素晴らしい眺めが楽しめるそうです。送っていただいた風景印と切手との組み合わせ写真は、こちらで紹介します。

兵庫・姫路城の記念スタンプ

dc74b2f4.jpg兵庫・姫路城の記念スタンプです。姫路城は標高45.6mの姫山を利用して構築された平山城。白鷺が羽を広げて舞っているように見えることから、白鷺城とも呼ばれています。安土桃山時代から江戸時代初期にかけての建築技術の粋を極めた傑作といわれ、国宝や重要文化財、城跡は国の特別史跡に指定。また、設計技術と装飾美において人類の創造的才能を表す傑作であり、機能的な防衛設備をもつ17世紀初頭の日本を代表する城郭建築であることが評価され、1993年にユネスコの世界遺産にも登録されました。

福島・会津若松郵便局の風景印

5cb56ca7.jpg福島・会津若松郵便局の風景印でする郵便局の所在地は、〒965-8799 福島県会津若松市中央1−2−17。図案は、鶴ケ城天守閣と磐梯山の遠望と白虎隊踊り。鶴ヶ城は今から約630年ほど前に葦名直盛が築いたといわれ、戊辰戦争では新政府軍の猛攻に耐えながら、籠城。約1ヶ月に及ぶ激しい攻防戦に耐えた名城として、会津若松のシンボル的存在。磐梯山は、猪苗代湖の北にそびえる活火山。福島県耶麻郡の猪苗代町・磐梯町・北塩原村の3町村にまたがっています。白虎隊踊りは、飯盛山で壮烈な自刃をとげた白虎隊の物語を舞踊化したもの。

広島・福山霞町郵便局の風景印

f1f92d32.jpg広島・福山霞町郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒720-0812 広島県福山市霞町4−3−10。図案は、福山城、明王院五重塔、市花・薔薇。福山城は、福山市丸之内1丁目にあった城で、城跡は国の史跡に指定。元和5年(1619年)に水野勝成が築城した江戸時代における名城でしたが、昭和20年8月に空襲で天守閣などは消滅。わずかに残った伏見櫓・筋鉄御門は、国の重要文化財に指定されています。明王院は、福山市草戸町にある真言宗大覚寺派の仏教寺院。1348年(貞和4年)に建立された純和様の五重塔は、初層内部の四天柱や板壁などには、極彩色の仏画や文様が描かれています。整った外観とその雄大な手法は、南北朝時代を代表する建築物の一つ。

兵庫・赤穂忠臣蔵郵便局の風景印

0a7b53c0.jpg兵庫・赤穂忠臣蔵郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒678-0234 兵庫県赤穂市加里屋南5-3。図案は、赤穂城、大石内蔵助、浅野家家紋、大石家家紋。赤穂加里屋郵便局の局名改称に伴い、風景印の局称を変更。使用開始は平成25年12月09日で、初日印を送っていただきました。赤穂城は、昭和46年に国史跡指定を受け、平成14年には本丸庭園と二之丸庭園が国の名勝に指定された、赤穂市のシンボルにふさわしい城跡。複雑に折れ曲がる石垣、角度を違える諸門に特長があり、戦を強く意識した構造になっています。浅野家筆頭家老の大石内蔵助をはじめとする47人の家来たちが吉良邸討ち入りを果たしてからおよそ三百年になりますが、毎年12月14日には赤穂市最大の催しとして赤穂義士祭が行われています。

日本の城シリーズ第1集の特印

6b1741ea.jpg日本の城シリーズ第1集の特印(大阪中央)です。これは機械印。発行日は、2013(平成25)年12月10日。発売された切手は、80円切手5種×2枚で1シート。(1)若松城:福島県会津若松市 (2)小田原城:神奈川県小田原市 (3)彦根城:滋賀県彦根市 (4)二条城:京都府京都市 (5)岡山城:岡山県岡山市、背景は、洛中洛外図屏風の一部分:林原美術館蔵。詳しいことはこちらで、紹介されています。

愛知・名古屋金田郵便局の風景印

325e2c68.jpg愛知・名古屋金田郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒462-0023 愛知県名古屋市北区安井1−19−12。図案は、庄内水緑道と名古屋城。庄内用水緑道は、明治9年にできた全長28kmの農業・工業用水路で、庄内川から荒子川まで続いています。庄内用水の流れに沿って、緑道があります。近年、用水は身近な水辺としての役割を果たしてきていますが、庄内用水も昭和58年から水と緑のふれあいの場にしようと、北区と西区で庄内用水緑道の整備が進められています。名古屋城は、「名城」「金鯱城」「金城」とも呼ばれるお城で、名古屋の代表的観光スポット。日本100名城に選定、国の特別史跡にも指定されています。

愛知・名古屋鳩岡郵便局の風景印

8c70c203.jpg愛知・名古屋鳩岡郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒462-0025 愛知県名古屋市北区鳩岡町1−1−1(シティコーポ鳩岡B棟1階)。図案は、安永寺の一石六地蔵と名古屋城。北区志賀町にある安永寺の一石六地蔵は、お地蔵さんの石仏。室町後期につくられたもので、大切に大理石の石室に納められているそうです。名古屋城は名古屋市中区本丸にあるお城で、天守閣のシャチホコが青銅の鋳物に薄い金板を張っていることから金鯱城とも呼ばれています。現在の天守閣は1959年、鉄筋コンクリートにより復原されました。

広島・広島基町郵便局の風景印

83c97262.jpg広島・広島基町郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒730-0011 広島県広島市中区基町16−17−101。図案は、広島城、中央公園、親水河川ほりかわ。広島城は、1589年(天正17年)に毛利輝元が築城した城。広島城全域が広島城址公園となっており、復元された大天守は歴史博物館として利用されています。その広島城址公園は広島市中央公園の一施設であり、中央公園の規模は42ヘクタールもの面積を持つ広大な公園ということになります。園内には広島城をはじめ、県立総合体育館、ファミリープール、広島市立中央図書館、ひろしま美術館などもあります。

佐賀・東唐津郵便局の風景印

f00e4b93.jpg佐賀・東唐津郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒847-0017 佐賀県唐津市東唐津3−9−24。図案は、唐津城、虹ノ松原。唐津城は、佐賀県唐津市東城内にあった城で、舞鶴橋から見上げる姿の美しさと、天守閣からの眺めの素晴らしさで知られています。唐津藩初代藩主寺沢志摩守広高が、慶長7年(1602年)から7年の歳月を費やして築城。現在の天守閣は1966年に完成したものです。虹の松原は、唐津湾沿岸に広がる松原のことで、日本三大松原のひとつとして特別名勝に指定。幅400〜700m、長さ約4km、総面積約240haにわたるクロマツを中心とした松林で、両側から張り出した松の枝によって造られる自然のトンネルがすばらしい。

佐賀・唐津城の記念スタンプ (3)

b244524f.jpg佐賀・唐津城の記念スタンプです。唐津城周辺は、舞鶴公園として季節によって桜や藤の花で彩られる名所として知られています。ソメイヨシノは約500本、市の天然記念物に指定されている樹齢百年以上の藤、夏に小さな白い花を咲かせる「ホルトノキ」という巨木などもあり四季折々で楽しめます。特に天守閣五階の中心から見る桜の景観は殿様気分が味わえそう。また、唐津城からは虹の松原、鏡山の風光明媚な「松浦潟」の雄大な景色が一望できます。アクセスは、JR唐津線線唐津駅から徒歩約15分、車では九州道福岡IC〜国道202号線。

佐賀・唐津城の記念スタンプ (2)

0507226d.jpg佐賀・唐津城の記念スタンプです。唐津城は、佐賀県唐津市東城内にあった城。松浦川の右岸には虹の松原が広がり、満島山を中心に鶴が翼を広げたように見えることから舞鶴城とも呼ばれています。唐津城は、豊臣秀吉の側近の1人、唐津藩初代藩主・寺沢広高によって7年の歳月を掛け築城され、江戸時代を通じて唐津藩の藩庁となっていました。廃城後、本丸は舞鶴公園に、二の丸御殿跡に早稲田佐賀中学校・高等学校に。昭和41年(1966)に現在のものとして復元され、天守閣内部は藩制時代の貴重な資料や武具、唐津焼の資料、考古資料などが展示されています。

佐賀・唐津城の記念スタンプ (1)

527c077f.jpg佐賀・唐津城の記念スタンプです。これは、初代から6代までの歴代城主名と紋章。唐津城の歴代城主は、寺沢氏、大久保氏、松平氏、土井氏、水野氏、小笠原氏と、名だたる譜代の大名が藩主になっています。また、藩主も寺沢氏から小笠原氏まで六代、21人(小笠原長行を含めた場合)にのぼり、寺沢氏を除く5氏が譜代大名。明治時代に廃藩置県となり、舞鶴公園として現在に至っています。唐津城は観光名所として多くの人が訪れる、唐津市のシンボル的存在。

滋賀・彦根郵便局の風景印

be3b902b.jpg滋賀・彦根郵便局の風景印です。郵便局の所在地は、〒522-8799 滋賀県彦根市中央町3−5。図案は、彦根城と琵琶湖の多景島。彦根城は、1622年(元和8)に井伊直継・直孝によって約20年の歳月をかけ完成した、彦根藩・井伊家30万石の居城。月明かりに浮かぶ彦根城は特に美しく、琵琶湖八景の1つ。その美しい姿は、姫路城、松本城、犬山城とともに国宝四城の一つに数えられています。白亜三層の天守は今もなお気高い雄姿を誇り、城内には国宝の天守だけでなく、天秤櫓や太鼓門櫓などの重要文化財もあります。堀には琵琶湖の水を利用し、井伊家で舟遊びなどにも使われていたといいます。琵琶湖に浮かぶ、長さ200mほどの小さな島が多景島で、彦根市八坂町の沖あいに位置しています。
掲載スタンプ数 4337点
5月








都道府県別&テーマ別
記事検索
最新掲載スタンプ 50
日本郵便 新着切手情報
掲載したスタンプについて
toyama◇ここに掲載したスタンプの多くは、私が開設と運営にかかわった絵葉書文通ML(2000/10)や絵葉書文通SNS(2006/7)でお友達になった全国各地の皆さんと、ブログ開設後に応援していただいている皆さんから送っていただいたものです。本当にありがとうございます。「手紙って書くのももらうのも好き」「郵趣って楽しいね」という仲間の輪が少しでも広がることを願いながら、更新を続けています。

◇「風景印交換による文通がしたい」とか、「ブログに掲載されてない風景印をぜひアップしてほしい」という方がいらっしゃいましたら、下のメールフォームからお知らせください。楽しい風景印文通をしながら、私といっしょにスタンプの百科事典をつくっていきませんか。

(運営者・toyama/愛知県在住)

>>メールフォームへ
Yahoo!カテゴリ登録サイト
◇「絵葉書文通/風景印とスタンプ」はYahoo!Japanカテゴリ/趣味とスポーツ>趣味ホビー>コレクション>切手>風景印 に登録されています。

◇ライブドア編集部おすすめブログの「目のつけどころがイイ!オリジナリティ溢れるブログをご紹介」記事(2012.7.6)で紹介していただきました。
絵葉書文通ホームページ
>> 絵葉書文通

文通の持つ魅力と素晴らしさ・郵趣の楽しみを伝える仲間の声。